K2-PT072YTJ ミニサイズ Wifi PTZネットワークカメラ

K2-PT072YTJ

8

価格が安い

9.0/10

画像がきれい

6.0/10

設定・操作しやすい

9.0/10

良い点

  • ローコスト
  • 安定・汎用性高い
  • 設置場所選ばず

悪い点

  • 消費電力多
  • 720P

  K2-PT072YTJは、K2-PT200ZX-X2-Wと同一筐体の100万画素Wifi対応ミニサイズPTZ式(首振り式)ローコストネットワークカメラです。
 他社の形だけが似たカメラと違い(対応アプリが違う物)と違いAnySee,XMeyeアプリ対応のXM社ライセンス有カメラなので若干割高な分、Android/iOS用スマホ・タブレットアプリが2種類、Windows用カメラ設定・閲覧ソフト「CMS」Windows32-64bit/Apple Mac用カメラ設定・閲覧ソフト「VMS」(実はもう少しある)ブラウザさえあればカメラにアクセスできるリモートサイト(www.xmeye.net)などマルチプラットフォームに対応しており柔軟な運用が可能です。
 煽り文句だけで実用性が低いネットワークカメラっぽいオモチャとは一線を画す本格的なネットワーク防犯カメラです。
 低価格モデルですが、幅広いプラットフォームで使用できる汎用性の高さと、エリア指定できる動作検知、E-mail/FTP転送、SDカードへの常時録画などの本格防犯カメラ並みの高いコストパフォーマンスを誇ります。
 Micro-SDカードを使えば常時録画(ループ上書き可)と動作検知録画の平行録画、スマホへの検知通知、検知画像のE-mail送信、マイク、スピーカーの双方向通話など豊富な防犯機能を使用できます。
 電源はスマホと同じ5V USBなのでスマホACアダプターの流用や兼用、ポータブルUSBバッテリーがあれば完全なケーブルレスも可能です。
 「初めてネットワークカメラが欲しい」「難しい事はいいから外で自宅の様子を見たい」「手頃なカメラを追加したい」「スマホを買ったので何か使える物が欲しい」と言う方にお勧めします。
 ◆スマホでの設定方法→AnySee/iCSee google play と Appleストアで配布
 ◆WindowsPCでの設定方法・ダウンロード→CMS
 ◆設置予定場所のWifi感度を測定して下さい→クリック
※ご購入の際のご注意※
 購入前に設置予定場所のWIFI感度を必ず確認してからご購入下さい、もしWIFI感度が低く断線・接続不安定な場合はWIFI中継機や最新のWIFIルーターに買い換える事をご検討ください

◆セットアップ・アドバイス
 Wifiを使用する初期設定作業は、AnySee アプリで行います。
 AnySeeアプリで初期設定を行う前に、ご使用の無線LANルーターの設定確認と再起動、K2-PT072YTJを工場出荷状態へリセットするとトラブルなく完了します。
 K2-PT072YTJのリセットボタン(レンズの上のSDカードスロットの横)を細いピンで8秒ほど押し続けて離すと、英語で「factory…」の音声が聞こえリセットシーケンスに入ります(決して電源を抜かない様にお願いします)1分程度でリセットが完了し実働状態となり「”System start-up” ”wait for configured”」の音声が聞こえたら、初期設定を開始して下さい。

◆ご使用の必須条件
①自宅にインターネット回線がある事。
②自宅ルーターのIDとパスワード、Wifiを管理している事
③スマートフォン、Windowsパソコンのいずれかまたは両方持っている。
◆スマホでの設定方法→AnySee google play と Appleストアで配布
◆WindowsPCでの設定方法・ダウンロード→CMS

◆K2-PT072YTJカメラレビュー
 K2-PT072YTJは、販売を終了したK1-PTZ01の後継機種として選定したカメラです、始めてネットワークカメラを購入する方には良く分からない物に高額な投資をするのは悩みますし「初期設定が難しそう」とお考えになり躊躇される方も多く、やはりお求め安い価格でまず手に取ってもらう事を考えK2-PT072YTJを入荷しました。
 解像度は720P、有線LANポート無しなどスペックは高くありませんが、リーズナブルな価格でご提供させて頂きます。
 以前入荷したK2-PT200ZX-X2-Wと同じボディですが、内臓アンテナから独立した外部アンテナとなり有線LANポートはコスト削減で搭載されていません、アンテナが調和を乱していますが下部ボディがポッコリ膨らんだグラマラスなボディは健在です。
 好き嫌いがあるかもしれませんが私は安定感を感じさせる良い形状だと思います、シルエットがスッキリしてオモチャっぽさがなくリビングや玄関にもマッチするエレガントなデザインに仕上がっています。

 上のYoutube動画はK2-PT072YTJのリアルタイム映像をCMSでローカル録画し最低限のコンバートで作成した物です。
 100万画素なので高画質ではありませんが室内監視なら十分な解像度かと思います。
 最新のファームウェア248208からH.265X動画フォーマットに対応しました、従来のH264/H264+よりも高圧縮高画質とのリリースとの事なのですが、CMSソフトではH264+しか選択・表示されていないのでAnySeeアプリのみでの扱いかも知れません、NVRやパソコンや旧アプリでも運用したい場合は動画フォーマットの違いで映像が表示されないなどのトラブルになりやすいので従来のH264形式を選択した方が良いでしょう。

 K2-PT072YTJも、K1-PTZ01と同じくスタートアップ動作で首を振りません、他社のカメラは停電などで再起動するとデフォルト位置に戻るので「気付くまで方向違いを監視していた」なんて事が良くあるので私は首を振らない方が好みです。
 スマホアプリAnySeeでカメラにアクセスするとこの様になります、100万画素でもスマホメインなら十分な画質になります。
 アプリでは基本的なカメラ設定しか変更できませんが、とりあえずカメラを使える様になるまではAnySeeでカメラを運用してみたら良いでしょう、ある程度、操作に慣れてきたらWindowsソフトCMSかVMSに移行してカメラの全機能を設定してより高度な運用を行っていく事をお勧めします。
 AnySeeアプリで設定項目は、セットアップは基本設定、パスワード管理、ストレージ管理、詳細設定、ネットワーク設定、一般の項目がありタップすると詳細設定に移行します。
 今時のスマホアプリのUIを継承していますので、各機能のON/OFFはアイコンとスライドスイッチとなっており、スマホに慣れている方なら「何かわからない」という事は少ないかと思います。
 「ネットワーク設定」「機器について→ 工場出荷時の設定に戻す」以外は間違った選択をしてもカメラが壊れる様な設定は無いので、ポチポチとONOFFしてカメラ操作に慣れて下さい。

 K2-PT072YTJを含む固定焦点カメラは1~6mくらいの中距離で焦点が合う様に調整されており、水槽や作業プロセスの撮影など極近距離、風景など超長距離の撮影にご使用したい方から「ピントが遭わない」ご質問を受ける事があります、K2-PT072YTJの場合はレンズ部分をつまんで回しピントを調整して下さい。
※入荷商品すべてを分解していませんので接着され回せない個体もあると思います、固すぎて回らない場合は壊れてしまいますのでご注意下さい。

 K2-PT072YTJの設置は底面スリットがあり、ネジ止めした取付台座にK2-PT072YTJをハメ込み半回しでロックする一般的な仕組みです、尻すぼみなデザインの為に底面が小さくスリットも小さいのでロックの回転方向を間違うあっさりと壊れてしまうほど脆いです。
 K2-PT072YTJにもマグネット取付台座を制作しました、K2-PT200ZX-X1-Wと同じ方式でネオジウム磁石を3つ試用しております、スチール棚やプレハブの事務所なら何処でも設置出来て便利かを思います。
 マグネット台座をカメラに装着した状態で取外し内で下さい、磁石が強力すぎて結合しているネジ部分や本体スリット部分が壊れてしまうかもしれません。
 取外しの際はカメラを台座から外した後にマグネット台座をしっかり握って外して下さい、また、磁力で吸着していますから地震や衝撃のよりカメラが落下する可能性があります、カメラは確実に壊れますし直下に人がいた場合は確実にケガしますので落下防止ワイヤーなどで必ず安全策を行って下さい。

◆K2-PT072YTJベスト使用環境

CMS設定画面をキャプチャしました。説明が欲しい所がありましたらご質問ください。

◆詳細スペック

センサー

 F22 CMOS (1280 x 720)

ビデオ圧縮

h.264/h.264+

レンズ

3.6㎜

 ネットワーク

wifi 

SDカード 

対応

ONVIF 

対応

電源 

入力DC5v/1.5A

 本体サイズ

直径70 X 高100mm

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)