CamHiアプリ対応カメラソフト HiP2P Client v6.4.5.1日本語対応

 CamHi対応カメラのCMSソフト HiP2P Client が日本語に対応していたので記事を追加します。
 CamHi対応カメラはYoosee対応カメラや360EyeSと違い、P2Pサーバーを経由したライブ配信方式ではなく、DDNSと同じカメラのグローバルIPアドレスをアクセスしたスマホ・タブレット、パソコンに通知してダイレクトにカメラへアクセスさせる方式らしくカメラの映像品質を落とす事無く受信できる(カメラ設置場所と接続する側両方のネット環境が良ければ)のが特徴です、ネットワークカメラの中では古い設計で販売側としては高性能高処理なP2Pサーバーが必要なく安価なDDNSサーバーで済むので設備が安くなり結果カメラ価格が他のアプリ対応カメラに比べ安いのが特徴です。
 無料期間を過ぎると防犯機能が使えないと言ったケチ臭い事も無くカメラ購入代金と月々のネット接続料と電気代を払えば壊れるまで使い続ける事が出来ます。

 いつの間にかHiP2P Clientもカメラの設定変更を行えるようになり、ただの映像ビュアーから接続したカメラを詳細に管理できるCMS(カメラモニターシステム)ソフトになったと思います。
 ただし、全てのCamHi対応カメラの全機能を網羅している訳では無く非搭載機能の入力欄やチェックボックスの非表示処理がなく不用意に変更した場合どうなるか予想できませんから ”剥き身の刃物” 的な怖さがあります、動作不良になると工場出荷状態にリセットするしかありませんから、初期設定後に手元に置いてテストを行いどの機能が有効か見聞する事をお勧めします。

 CamHi 設定方法->>クリック
 CamHi 設定方法 工場出荷状態からの復帰編 ->> クリック
 CamHi対応ネットワークカメラ Windowsソフト HiP2P Client ->>クリック
 CamHi 無線LANのみで初期設定する方法 Android/iOS ->>クリック
 CamHi対応カメラ対応ソフト HiP2P Client v6.4.5.1日本語対応WIN/Mac ->>クリック
 CamHiカメラ初期設定・検索ソフトSearchTool 有線/Wifi ->>クリック
 CamHiカメラIEブラウザーでの設定変更 ->>クリック

①HiP2P Client のインストール。
 付属CDからHiP2P Client_Setup_H265_vXXXXX.exeをインストールします。(Appleパソコンの場合はHIPForMac_XXXXX.dmg をインストールします)
 HiP2P Client_Setup_v5.4.5.1.exe をクリックします。  日本語を選択して Nextボタン をクリック。 インストール場所を指定して OKボタン をクリック  インストールをクリックします。 初回起動はセキュリティ警告が表示されます。 適切な許可を選ぶと、HiP2P Clientが起動します。 
②カメラの追加
 上部の歯車ボタンをクリック。 ログインダイアログが表示されます。初期値 User Name:admin Password:無し(空白) OKボタンをクリック。 上覧の歯車アイコンをクリック。 SearchToolでカメラ設定を既に済ませている場合は自動でカメラが認識されます。 自動で認識されない場合は検索をクリック カメラ設置場所以外の遠方でカメラを追加するは、真ん中の列にある  UID 番号入力ボタン をクリック。
 UID:カメラのUIDナンバー(UIDはカメラの識別IDでこれで簡単ネットアクセスができます)
 Name:認識しやすい名前を適当に
 User Name:カメラのログインID
 Password:カメラのパスワード
 Area:Region

 UIDナンバーはブラウザで確認するなら   CamHiアプリならで確認するなら カメラ名の下に表示されていますので、この数字をメモしてUID:欄に入力して OKボタンをクリックします
 カメラが紐づけを完了したらOKボタンをクリックします。
 上部欄のカメラアイコンをクリックして、左側のLIST欄に先ほど追加した、カメラ名が追加され[オンライン ]に変化したら、クリックするとカメラのライブ映像が表示されます。 左側のLIST欄の下に、PTZカーソル、プリセット位置追加・呼出、色彩調整画質などが行えます、映像下部には動体検知などカメラのインフォメーションが表示されます。

④カメラ設定の変更
 
カメラ機能を変更するに歯車ボタンをクリックして、パラメーター設定をクリック カメラ名称をクリックすると、右欄のボタンが追加表示されます。 ドロップダウンメニュー、数値、などは 適用ボタンをクリックする事で反映されます。

 少し難しくなりますが、HiP2P Client ソフトのみでWifiの初期設定まで行えるのは便利です。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

27件のフィードバック

  1. 安淳徳 より:

    初めまして。
    良い情報勉強になりありがとうございます。

    1。Jennovの防犯カメラを有線接続で設定してますが、、
    NURO光回線、一戸建て
    Windows10でHIP2Pを使ってますが、
    何か乗っ取られてるようで、
    (ライブ画面が突然切断されたり、
    カメラを勝手に動かしたり、色んな設定が変えられたり、
    頻繁に住居侵入されてるのに全く映らない、
    録画の捏造などなど、、、です)
    メーカーに問い合わせをしても解決できず、
    泣き寝入りでそのまま使ってますが、
    何か良い方法はないでしょうか?

    2。先日MacbookProを購入しHIP2Pをインストールして
    使ってますが、色々できない設定、動作が多くて、、
    また最新バージョンはどこで入手すれば良いでしょうか?

    色々お手数をかけて申し訳ないですが、
    無理がない範囲でよろしくお願いいたします。

    • oosaka-bouhan より:

      HiP2P ClientでカメラのIPアドレスを確認、ブラウザのアドレス欄に先ほど確認したIPアドレスを入力しブラウザでアクセスし、Settings→ Advanced→ User にアクセスし Adminのパスワードを再定義して、もしそれ以外のアカントが存在する場合は削除して下さい。
      以降HiP2P ClientやCamHiアプリでアクセスするときは再定義したパスワードを使用して下さい。

  2. 防犯カメラ より:

    初めまして、このブログを参考に設定出来ました。

    p2p clientで過去の動画を一括でダウンロードする方法はありませんか?

    一つ一つクリックしながらダウンロードするのが手間で、シフトキーを押しながら範囲選択→ダウンロードをクリックしても一つしかダウンロードされません。

    それと、過去の動画の再生方法もご存知であれば教えてください。

  3. SAITOU より:

    はじめまして。
    PCでp2p clientをインストールして使用しています。
    このソフトで多くのカメラを一括管理したいと考えています。
    カメラは何台まで登録できるのでしょうか?ご存知であれば教えてください。

    • oosaka-bouhan より:

      P2P Client リスト上に登録できるカメラに制限は無いのですが、ビュアー数が最大で16分割ですから16台が限界になると思います。
      ただ表示にDirect3D とかのライブラリを使っていますから安定して使うには処理速度の高いパソコンで8台位までが現実的では無いでしょうか。

  4. nayami より:

    お世話になります。
    長い事このソフトを使用していますが困っている事が2つあります。
    ・このソフト上やIEで映像設定をし一番高画質になる設定にしても画面を切りけてまた映像設定を確認すると画質が下がってしまいます。これは何が原因なのでしょうか?
    ・今現在5台のカメラを接続しているのですが、このソフト上で表示される順番の並び替えは出来ないのでしょうか?(登録と削除を繰り返せば出来そうですが面倒です。)

    特に1点目は販売者に聞いても全く正しい回答を得られずずっと悩みの種です。
    お手を煩わせてしまい申し訳ございませんが回答をいただけると幸いです。

    • oosaka-bouhan より:

      ブラウザでカメラにアクセスして Setting→ Media→ Video タグを開き各項目の入力最大値を守っているか確認してください1つでも範囲外の数値があるとApply をクリックしても設定値がカメラに反映されません。
      HiP2P Client でカメラ映像上で右クリック→ 非表示でカメラを非表示にして 表示させたい境域をクリックして赤い枠を表示させ リスト欄で表示させたいカメラリストをクリックして表示させてください、HiP2P Clientを終了させても並び順はそのままのなっていると思います。

      • nayami より:

        回答いただきましてありがとうございます。
        いただいた情報を元に、今まで範囲内だと思って設定した数値を見直して見ました。
        我が家のカメラは200万画素のものがほとんどで、その場合ビットレイト(32-6144)、マキマムフレームレイト(25)、キーフレームインターバル(2-150)と記載があったのでその数値マックスまで設定可能だと思っていました。
        今回その数値を疑って探ってみました。
        少しずつ数値を上げていった結果、ビットレイト(6143)、マキマムフレームレイト(25)、キーフレームインターバル(30)だと判明しました。
        今まで中国人販売者に何度も質問しましたが、これに関しては適当に嘘をつかれるばかりで全く解決せずに困っていました。
        この設定がうまく行かないと性能を発揮できず画像がイマイチでした。

        HiP2P Clientの件も別の回答を発見し思った以上に簡単に並べ替えが可能でした。

        この度は本当にありがとうございました。

      • nayami より:

        もう一点以前から疑っている事があります。
        ブラウザーで設定している最中や設定した後、HiP2P Clientを起動するとまた設定値が下がってしまうのです。
        かと言ってHiP2P Clientで設定しても以前と同じようにまた低い数値に戻ってしまいます。
        ブラウザーだけで運用していれば高画質の数値を維持できるのですが、ブラウザーで運用しているとPCのメモリーを使用し過ぎて他の作業に影響してしてしまう場合があります。
        これも悩みのタネです。

        • oosaka-bouhan より:

          HiP2P Client の映像設定を変更する時は 下部にある「取得」ボタンをクリックしてカメラの設定を読み込んでから変更し「適応」をクリックして下さい。
          以上を行わないとHiP2P Client上に残っている適当な設定でカメラの設定を変更してしまいます。

          • nayami より:

            ありがとうございます。
            最初のご回答の返信で「ビットレイト(6143)、マキマムフレームレイト(25)、キーフレームインターバル(30)でブラウザーでの設定が出来た」と言うようにお伝えしましたが間違いでした。
            画素数が同じでもカメラによって設定できる数値がまちまちでまた迷路に入ってしまいました。
            HiP2P Clientの設定方法は逆だと思っていました。
            「適応」→「取得」だと思っていました。
            教えていただいた方法で試してみました。
            先ずブラウザーで最高値を探り、その後にHiP2P Clientで「取得」→「適応」。
            カメラによってビットレイト、マキマムフレームレイト、キーフレームインターバルのマックスの設定値が違うと思うのですが、「ビットレイト(32-6144)、マキマムフレームレイト(-25)、キーフレームインターバル(2-150)」と設定画面に記載がある場合正しい設定方法ならどこまでの数値を設定できるのでしょうか?

            アドバイスをいただいたので色々試しながら数値を探っているのですが相変わらず迷路から抜け出せません。
            (3800、17、80)まで上げられたカメラもあれば(2048、15、30)しか設定できない物もあります。

            何度も本当に申し訳ありません。

          • oosaka-bouhan より:

            ネットワークカメラはNVRとカメラを専用独立線で接続しない限り常に通信速度が変動していますから設定値がそのまま反映される事はありません。
            細かく設置値をいじるより、Video Coding: baseline(低画質)mainprofile(普通)highprofile(高画質)で後はカメラに任せた方が良いと思います。

  5. nayami より:

    お世話になっております。
    結局設定で悩んでも画質は通信速度に依存する為意味がないと言う事ですか。
    でもwifiと有線でも設定値に差が無いのが不思議です。

    いろいろとご伝授いただきましてありがとうございました。

  6. shiro より:

    はじめまして、質問失礼します。
    この度PSP Client-v6.5.1.9を入れたのですが
    こちらのパスワードも初期値の空白から
    変更しておきたいのですが可能でしょうか?

    設定-パラメーター設定-登録情報-からパスワード変更をすると
    ソフトのパスワードではなく
    CamHi側のパスワードが変更になってしまうのですが
    ソフトのパスワード変更はどちらから行えますか?

    今はスマホのCamHiの通知音が鳴ったら
    PSP Client画面を見ている感じなのですが
    作業を行いながらなのでスマホ充電中の時などは
    映像だけでは気付かないことが多いのですが
    動態感知した際にソフトでも
    音を鳴らすことは可能でしょうか?

    設定項目にアラーム管理があるようですが
    よく分からずもし可能でしたら
    よろしくお願いいたします。

    • oosaka-bouhan より:

      設定→アラーム管理→領域 の下の カメラUID の下の Channel01 をクリック
      右側の☑アラーム管理を有効にする をチェック
      日~土のタイムラインにアラーム通知を行いたい時間を蛍光緑で選択
      下側の警報記録 音声アラーム ヒューマンアラーム を適宜チェックします。

      以上でカメラが動きや人間を認識すると「ピン~ポン~パン~ポン~~」の音がPCから鳴る様になります。

  7. まっくん より:

    PSP Clientで表示されるPC画面の位置を変更しようとして一つの画面を一旦「非表示」にしたことで、その画面が真っ黒になってしまい、未接続となりました。他の画面はそのまま表示されています。元に戻したいのですが、どのようにすればよいのでしょうか。

  8. まっくん より:

    コメントを送信した後、いろいろやっていたら画面が復活しました。
    関連する質問ですが、PC上の画面表示位置を好みの場所に変更する方法がよくわかりませんので教えていただけると嬉しいです。

  9. しま より:

    質問です。以前はPC・スマホからみれていましたが、PCから見れなくなりました。adminで入れているのですが、設備に繋ぐをクリックするとパスワードが違います、と表示されています。アンインストールなどして、再度行いましたが出来ません。

  10. ひら より:

    初めまして、お世話になります。
    macでの接続を試みているのですが、うまくいきません。
    カメラの紐付けはできているのにオンラインにならない原因は何が考えられるでしょうか?
    プレビュー画面でカメラの名前は出てきますが、ステータスが【 Not Connected 】のままで変化がない状態です。

    • oosaka-bouhan より:

      MAC OS の知識が無いのですが、恐らくポートが閉鎖されているのでは無いかと思います。初めてHiP2P Client ソフトを使った時セキュリティ権限や警告などの表示がされませんでしたでしょうか?

      • 匿名 より:

        返信ありがとうございます。

      • ひら より:

        返信ありがとうございます。
        気付くのが遅れて申し訳ありません。

        特にセキュリティ権限や警告などは表示されなかったと記憶しております。

        • oosaka-bouhan より:

          恐らくカメラと通信するポートをOSかセキュリティソフトが閉じてしまっている場合は「IPサーチしても何も検索されない」状態となります、CamHiかCamHi Pro でカメラのUIDが分かりますのでHiP2P Clientソフト UID番号入力 手動追加してみて下さい、即反映されなくても何回かソフトを再起動しているとカメラが認識される場合があります。

  11. P-taka より:

    困っているので、お返事を頂けると幸いです。
    買い換えたPCに『 HiP2P_Client_Setup_H265_v6.5.1.9 』をインストール。
    カメラは認識しているのですが、無線接続の欄に検索しても全てのSSIDが表示されません。
    無線ルーターから2本のLanケーブルでカメラとPCを接続。
    前はこの方法で、PCの無線接続の検索欄にSSIDが表示されたんですけど、、、その後、無線ルーターやカメラの電源を抜いてリセットしたのですが、やはり検索欄にSSIDが表示されません。
    SSIDに表示されれば、あとはパスワードを入力して完了なんですが、肝心のSSIDが検察欄に表示されないので困っております。
    (スマホでの接続は普通にできており、LIVE映像の閲覧にその他の操作は問題ありません)

    • oosaka-bouhan より:

      恐らくカメラと通信するポートをOSかセキュリティソフトが閉じてしまっていてカメラと通信できない状態になっていると思います。
      CamHiかCamHi ProのアプリでカメラにアクセスできるのならカメラのUIDはお分かりなので、HiP2P Clientソフト UID番号入力ボタンで手動追加してみて下さい、即反映されなくても何回かソフトを再起動しているとカメラが認識される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)