防犯ツールをご紹介します。  ご質問お待ちしております。

0

K4-IVG-G4BW スターライト400万画素 Wライト 顔検出 POE 対応カメラ

K4-IVG-G4BWは、顔検出・ヒューマン検知機能対応500万画素 (2560×1440)と微かな光量でもカラー撮影を可能にするスターライトCMOS、赤外線・白色LEDのダブルライト、VMSソフトからLEDのON/OFFや明暗切り替えレベルのコントロールが設定できる新型LEDボード、金属防水筐体を採用したPOE接続対応バレット(砲弾型)ネットワークカメラです。

0

K5-IVG-G5BUS スターライト500万画素 顔検出 POE 屋外ネットワークカメラ

K5-IVG-G5BUSは、顔検出・ヒューマン検知機能対応500万画素 (2880×1616)と微かな光量でもカラー撮影を可能にするスターライトCMOS、VMSソフトから赤外線LEDのON/OFFや明暗切り替えレベルのコントロールが設定できる新型LEDボード、全長147mm(カメラ収納部80mm 脚部67mm)の小型スタイリッシュな筐体を採用したPOE接続対応バレット(砲弾型)ネットワークカメラです。

0

ハイアール Haier JA-16W 窓用冷房専用エアコンを取り付けました。

収納部屋として使っていた部屋を生活できる様に模様替えしているのですが、8月になってあまりに暑くもう生命の危機と言える気温になってしまったので急遽「ハイアール Haier JA-16W 窓用冷房専用エアコン」を取り付けました。数十年前のモデルよりハイアール JA-16Wは軽いと感じます

0

K8‐NVR8016KS 顔検出対応16ch 4K録画対応ネットワークレコーダー

K8‐NVR8016KSネットワークレコーダーは、最大16台のiCSeeやXMEyeアプリ対応カメラ又はネットワーク共通規格ONVIF対応のカメラを接続・録画・詳細設定(ONVIFを除く)する事ができます、また最新のAI機能の「顔検出カメラ」に対応しており撮影した映像の顔をトリガーとして同じ顔の人物を時間軸より簡単にピックアップ可能になっています、ただし顔検出機能を有効化するには顔検出機能有ネットワークカメラが必要となりますのでご注意下さい。

0

AP2-POE/AP2-POE2 ネットワークカメラを分解する方法

AP2-POE/AP2-POE2は、POE給電、赤外線+白色LED Wライトの標準的な屋外ネットワークカメラです、上面がフラットなので天井ギリギリ設置や天地逆転で室内カメラとして使用する方もおられます「POE・赤外線LED+白色LED」の室内カメラは珍しい機種になるでしょう、屋外・屋内で幅広く運用できるネットワークカメラです。

0

K2-LS-B8-AT/K2-LS-B8 ネットワークカメラを分解する方法

K2-LS-B8-AT/K2-LS-B8は意外と暗視性能が高く屋内からガラス越しに屋外を撮影に使いたくなるのですが「赤外線LEDがガラスに反射して真正面が真っ白」になってしまいます、その際はK2-LS-B8-AT/K2-LS-B8を分解して赤外線LEDのコネクタを引き抜いてください。

0

乾電池人感センサーLEDテープライトをモバイルバッテリー給電に改良

階段の照明位置が悪く「夜、最後の一段が怖い」との事で手すり下側にLEDテープ式乾電池人感センサーを設置したのですが、単四電池4本では持ちが悪く気づいた時は切れていたのでモバイルバッテリーで給電出来る様に改造しました。

0

エレコム Bluetooth有線USB両対応フルキーボード TK-FBP044 を修理する

エレコム フルキーボード TK-FBP044が机から落っことした拍子にキーの二重押し状態になってしまいました、長年染みついたキータップのフィーリングが変わってしまうと…こうなんと言いますか「枕が変わると…..」の状態となりシックリきません、とっくの昔に製品寿命は過ぎていますがダメ元で修理する事にしました

0

安物バッテリー電動工具のバッテリーパックを修理する(充電器必須)

一流電動工具の半値~10分の1程度の安物電動工具でも機能には問題ないのですがバッテリー品質が低く急に充電できなくなる事が多々発生します、殆どの場合複数のバッテリーセルの中の数本が3Vの以下になってしまい充電基盤がカットオフしてしまい充電ができなくなる事が原因です。

0

Microsoft Edgeでカメラにアクセスする方法(IE11はサポート終了)

Internet Explorer11は、2022年6月15日にサポートが終了します。サポートが終了するだけで使い続ける事はできますがiCSeeアプリ対応カメラをブラウザーで引き続き運用したい方はMicrosoft EdgeのInternet Explorer互換モードをご利用下さい。