Android/iOSアプリiCSee 設定方法(日本語版)

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

あわせて読みたい

13件のフィードバック

  1. forest より:

    SDカードがセットされません。
    セットの向き方法を詳しく教えてください。

  2. joy より:

    カメラ側時計の時間修正は、どのようにすれば良いですか?

    • oosaka-bouhan より:

      CMSで 設定→システム設定→基本設定で タイムゾーンを日本にして時刻を手動設定する。
      CMSで 設定→システム設定→サービス設定→NTP設定で NTPサーバーから自動取得する。
      以上の方法か、時々iCSeeやCMSでアクセスしてスマホ・パソコン時刻と同期させるか。
      あと、一部のカメラとNECルーター(確認しただけで他にもあるかもしれません)の組み合わせの時、何故か数分進みます。
      業務では厳密に時間合わせをする為にNVRを導入して統括管理します。

      • joy より:

        ありがとうございました。

      • はしもと より:

        海外に住んでおります。他国に出かけたのですが時差がない国はカメラのモニタリング出来ていましたが 時差がある国からアプリ開くと登録していたカメラが認識されなくなりまでぃた。どうしてでしうか?

        • oosaka-bouhan より:

           AnySee/iCSeeアプリ対応カメラは、

          カメラ ←インターネット→ 中国のサーバー(カメラのIPアドレスを随時確認・記憶)

          スマホでアクセス→インターネット→ 中国のサーバー(カメラのIPアドレスをスマホへ送信)→インターネット→ スマホ ←インターネット→ カメラ

           以上のルーチンでスマホとカメラの通信を実現しています。
           
           基本的に時差が通信障害となる事は無く、スマホを接続した現地SIMカードがカメラとの通信に必要なポート通信を許可していない場合、インターネット回線が遅すぎて中国サーバーがタイムアップを返してしまう場合が殆どで、通信速度が速いホテルやスターバックスなどのペイWifiで接続すれば恐らくモニタリング出来るだろうと思います。

           ただし、訪問国によってはファイヤーウォールで特定国へのインターネット通信を遮断していたり、逆に中国が特定国や企業のインターネット通信を遮断するなど個人では対処する方法が無い場合もあります、アメリカや台湾、西ヨーロッパ辺りでは心配する必要がありませんが、ロシアや中東、南米辺りへ訪問する場合は考慮する必要があります。

  3. こたつ猫 より:

    始めまして
    ありがとうございます
     時間設定がアプリで調整出来ず悩んで
    こちらでCMS設定で問題解決出来ました

  4. けいん より:

    動作を感知した時だけ録画する方法はありますか?
    何も写ってないのに10秒ごとに録画したり1分ごとだったりで、どんな基準で録画されているのかよく分かりません。
    よろしくお願いいたします。

    • oosaka-bouhan より:

      CMOS映像素子に写った映像前後を参照し設定許容量を超える変化が起こると検出します、物体の移動を検知している訳ではありません光の変化でも検出します。
      事前録画時間は変更できますが検知録画自体の時間調整できません。

  5. san2 より:

    初めまして。本体の電源のON/OFFはアプリから出来るのでしょうか?Eyeplusアプリでは電源ボタンがありましたがこのアプリでは見当たりませんでした。宜しくお願い足ます。

    • oosaka-bouhan より:

       AnySeeアプリのカメラには再起動機能はありますがソフトでの電源OFF機能はありません、ソフトウエア的には可能なのだと思いますが再起動は手動で行う事になり遠方で扱う可能性があるネットワークカメラでは実用が低い為に実装していないのだと思います。
       ただし、録画のON/OFF/時間指定、動作検知のON/OFF/時間指定はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)