CCTVアナログカメラのBNC同軸ケーブルで有線LANネットワークカメラを使う方法

 本サイトではネットワークカメラやNVRなどネットワーク防犯機器をメインに取り扱っておりますが、業務では旧式なアナログCCTVカメラなどBNCとかRG59/RG6など2線のアナログ同軸ケーブルを使ったCCVT防犯カメラも取扱います、BNCケーブルを分かり易く言うとテレビアンテナのS4CFBやS5CFB同軸ケーブルと同じ物で接続端子がF端子ならテレビ、RCAならオーディオを接続端子が違うだけで、ケーブル自体はほぼ同じ物です。
 CCTVカメラの仕組みはカメラ映像のRF信号をBNCケーブルで送るなので部品点数が少なく故障も少なく現在稼働している防犯カメラは少なくないと思います、2000年頃のネットワークカメラは高価格なのに解像度が低い、技術的に未成熟で不安定、セットアップにネットワーク知識が必要と電気屋さんは当然、専門業者でも毛嫌いしていたので2015年代に新築した建屋でもアナログCCTVカメラで驚いた事があります。
 CCVTカメラは原則的にBNCケーブル1本でカメラ一台のみの映像送信しかできませんから、安価で音声もPTZ回転も使えるネットワークカメラを知ったユーザー様が「ねえ、このネットワークカメラってヤツ、ココに着けられない?」とご注文頂く事があるんですが、都心や商業地ではWifiは接続が安定せずWifiカメラは使えず、業務レベルの品質を確保するには有線LAN配線が必要となり配線が数十メートルになると工事だけで数十万円の費用が必要となり「えっ?そんなに!!」となります。

  その様なご意見を時々頂くので「何とかならないか」と探していた時に、見つけたのが 「IPパッシブエクステンダー」というネットワーク機器です、80~90年代の大昔に10BASE2と言う同軸ケーブルを使った転送速度10Mbpsのネットワーク規格があったので、恐らく10BASE2を10BASE-Tにするコンバーターなのだと思います。

 BNC同軸ケーブルをネットワーク回線にできるのか、実験してみます。

◆IPパッシブエクステンダーの通信速度はどのくらい?

 100MbpsのハブにIPパッシブエクステンダー→パソコン で接続してスピードテストしてみると、最高値で上がり24Mbps 下り33Mbpsのスピードが出ました、IPパッシブエクステンダーに100Mbpsの表記がありますが20㎝の短いBNCケーブルでこの数値なので100Mbpsは現実的ではありません。
 上がり24Mbps 下り33Mbpsがどの程度なのかと言えば「YouTubeの1080P動画は余裕で再生できます」と言うレベルです、ただしBNCケーブルの品質や長さによりスピードが低下するでしょうし、特殊な接続方法のBNCケーブルでは使えない事もあると思いますから、BNCケーブルがネットワークケーブルとして使える品質がネットワークケーブルテスターを使って確認する事をお勧めします。

Noyafa NF-468N ネットワークケーブルテスター Rj45 Bnc

Noyafa NF-468N ネットワークケーブルテスター Rj45 Bnc

3,740円(07/19 08:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

◆IPパッシブエクステンダーの接続手順?

 IPパッシブエクステンダーの接続順序は以下の画像 「カメラ ←→ IPパッシブエクステンダー ←→ BNCケーブル ←→ IPパッシブエクステンダー ←→ LANハブ又はルーター」
 となります。
  1台だけならカメラのIPを固定して1台だけならダイレクトにNVRレコーダーへ接続する事も可能なんですが、なぜかNVRとの相性なのかスイッチングハブを経由しないとLAN接続が不安定になります
 他に、カメラの電源を接続しない・LANに接続しない状態、IPパッシブエクステンダーだけスイッチングハブに繋いだ状態だとネットワーク回線に他のIP機器が接続不良となります、調べてみるとDHCPに干渉してIP衝突が発生させる様です。
 IPパッシブエクステンダーのサイズ的に高度な機能が詰め込まれている様には思えませんからこの点は注意が必要でしょう、上位の機種もある様なので、安定性や接続スピード、POE接続が必要な場合は少々高額ですがこちらを選択して下さい。

◆運用できる品質なのか?

 BNCケーブルの配線距離が30メートル近くあるが「高解像度のPTZカメラに変えて欲しい」との案件があり、IPパッシブエクステンダー を使用しました。
 環境は、
 ・インターネットに未接続の専用イントラネット
 ・カメラIPは固定
 ・NVRはネットワークとCCTVのハイブリッドレコーダー

 設置工事から2か月ほど経過してましたが現在問題なく動作しているとの事です、過去にBNCケーブルを敷設した業者の方が不慣れだったのか防水とBNC端子の高品質化の追加処理が必要だったんですが、何とか10Mbps程度の転送スピードは出ている様で恐らく4K解像度でも運用可能に思えましたが1080Pで映像品質を抑えめ設定しています。

 記事では簡単に出来たように書いていますが、構想から実用まで1年程度経過しています、殆どが自宅での実証試験で無駄にした機材も沢山有ります、BNCケーブルの品質や劣化でノイズが載ってしまい十分な通信速度出ない場合もありますから運任せな側面はあるんですが、ケーブルの引き直しは費用の面で出来ないが何としても既存CCTVアナログカメラをPTZカメラに変えたい方は挑戦してみては如何でしょうか。
 あと、テレビはもう見る気はないとかケーブルテレビにして配線は必要ないって方限定ですが、同じで手順でテレビアンテナケーブル配線をインターネットネットワーク回線(低速度ですが)にする事も可能です、どうやってもWifiが届かないがアンテナケーブルはあるって方は挑戦してみては如何でしょうか。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)