K2-PT200ZX-X1-W ミニサイズ1080P Wifi/有線LAN PTZネットワークカメラ

K2-PT200ZX-X1-W

7.8

価格が安い

6.0/10

画像がきれい

8.0/10

設定・操作しやすい

9.0/10

システムが安定している

9.0/10

設置しやすい

7.0/10

良い点

  • 高画質
  • 安定・汎用性高い
  • 設置場所選ばず

悪い点

  • 消費電力多

  K2-PT200ZX-X1-Wは、屋内PTZ式(首振り式)ホームセキュリティカメラ、防犯カメラとして使える本格的な安定性と高画質1080Pカメラモジュールを搭載した、ハイパフォーマンスネットワークカメラです。
 一般ご家庭から、倉庫、食堂、駐輪場など広い空間のモニタリングを前提に最高のパフォーマンスを発揮できる3.6㎜広角レンズをチョイス、映像の歪みが許容できるギリギリの95~110度程度の広い視野を確保しました。
 M12レンズは小さく集光性が高いと言えませんが拡散率の良い赤外線LEDを6個搭載しており暗視能力は10m前後確保しています、K1-PTZ01ではできなかった常時録画と動作感知録画の平行録画、225カ所のカメラ位置プリセット記憶や定期巡回機能(CMS・VMS・リモートサイト)が使用可能となりました、カメラモジュールは防犯カメラとして採用数が多いiCSee、XMEyeアプリ対応のXM510モジュールを採用、XM社提供の無料スマホ・タブレットアプリ、パソコンソフト、ブラウザさえあれば閲覧できるリモートWEBサイトなど多くのプラットフォームで使用でき、ネットワークカメラ標準規格ONVIFにも対応していますので既存ネットワークカメラシステムに追加導入する事も可能です。
 ネットワークはWifi無線LANと有線LANの2系統どちらかを排他利用でき、Wifi電波が届かない又は混線が多いなどWifi接続が不安定になりやすい雑居ビルや集合住宅などでの利便性・融通性が向上しました。
 電源はスマホと同じ5V USBなのでスマホACアダプターの流用や兼用、ポータブルUSBバッテリーがあれば完全なケーブルレスも可能です。
 初期設定はiCSeeを使って数分で完了直ぐにインターネットからライブ映像が再生できます、「初めてネットワークカメラが欲しい」「難しい事はいいから外で家の様子を見たい」「解像度が高い物を一台追加したい」「インターネット環境が整いスマホも高画質の物を買ったのでそれに釣り合うカメラが欲しい」と言う方にお勧めします。

◆サポート情報
 2018-06-08バージョンへファームウェアアップデートが可能です、5月バージョンは映像が乱れる最悪なファームでした他社購入され今現在ひどい目に会っている方は早急にアップデートしてください。
 アップデートの方法は、この記事をご参照下さい。

◆セットアップ・アドバイス
 K2-PT200ZX-X1-WはWifi無線LANと有線LANのどちらかの接続方法を選択できます、ただし同時使用はできません
 Wifiを使用する→ 有線LANケーブルを接続しない。
 有線LANを使用するを使用する→ 有線LANケーブルを接続する
 Wifiを使用する場合の初期設定作業は、iCSee Proアプリ
 有線LANを使用する初期設定作業は、CMSで行う事をお勧めします。
 iCSeeアプリで初期設定を行う前に、ご使用の無線LANルーターの設定確認と再起動、K2-PT200ZX-X1-Wを工場出荷状態へリセットするとトラブルなく完了します。
 K2-PT200ZX-X1-Wのリセットボタン(レンズの下のSDカードスロットの横)を細いピンで8秒ほど押し続けて離すと、英語で「factory…」の音声が聞こえリセットシーケンスに入ります(決して電源を抜かない様にお願いします)1分程度でリセットが完了し実働状態となります、初期設定を開始して下さい。

◆ご使用の必須条件
①自宅にインターネット回線がある事。
②自宅ルーターのIDとパスワード、Wifiを管理している事
③スマートフォン、Windowsパソコンのいずれかまたは両方持っている。
◆スマホでの設定方法→iCSee google play と Appleストアで配布
◆WindowsPCでの設定方法・ダウンロード→CMS

◆K2-PT200ZX-X1-Wカメラレビュー
 K2-PT200ZX-X1-Wは、K1-PTZ01の上位機種として選定しました。
 一般的なお部屋なら720P解像度でも十分実用的なのですが、食堂や小宴会場など20畳前後の空間では奥の方の鮮明度が不足して運用に無理が出てしまうので以前からもう少し高画質なPTZ式カメラを検討してはいたのですが、XM社ライセンス認証カメラ(iCSee対応)は他社カメラに比べて10~20%ほど価格が高く無理に仕入れても苦戦する事が明らかなのでずっと先送りしていました。
 ですが、先月ベンダーからXMファーム1080P新モデルのアナウンスを受けソコソコ価格でそれなりに良さそうなので極少数だけK2-PT200ZX-X1-Wを入荷しました。
 他社カメラより少し割高なので、初ネットワークカメラの方より安物を買ってあまりの使えなさ・不安定さに後悔している方へ、特にお勧めします。

 上のYoutube動画はK2-PT200ZX-X1-Wのリアルタイム映像をCMSでローカル録画し最低限のコンバートで作成した物です。
 流石に解像度が高くなりましたから、高画質スマホでも十分な品質だと思いますPCモニタでも不足を感じる事はないでしょう。
 撮影時は曇り空でホワイトバランスのレンジの境界だったらしく色変わりが目立ちますが光量が安定する室内なら軽減するでしょう気になる方はCMSでカメラパラメーターでWBバランスを調整して下さい。
 使用レンズは720Pと共通だと思いますが1080PCMOSはほんの少しダイサイズが大きく視野角がほんの少し広くなります、K2-PT200ZX-X1-Wの場合は左右より上下視野が広くなっている様に感じます。

 PT回転はかなり速く最大スピード設定で9秒程で全周回転します、てくてく歩く人なら十分に追従できます、動きを予想できるなら自動車を追いかける事も不可能ではないでしょう。
 更に、K2-PT200ZX-X1-Wは225個までカメラ位置を記録できるプリセット位置巡回機能が使用できます(CMSVMSリモートサイト)、プリセット位置記憶は集合住宅のポストや倉庫の残量確認とかで良く使われる機能で、巡回機能は定期的にカメラを回転させる事で防犯効果を高める事ができます。

 K2-PT200ZX-X1-Wは、八の字台座のK1-PTZ01に比べるとウエストが細身になり全長も100mmと微妙に小さくなりましたが、逆にカメラ部が大きくなり頭でっかちですファニーではありますがお世辞にも良いデザインとは思えません、腹掛けだけ着て下半身丸出しの金太郎(変質者)みたいです。
 シルエットラインの途切れが要因だと思うのですが構造的に段付きしなければいけない制約は見当たらずなぜこの造形にしたのか不思議です「アンバランスデザイン」と言うヤツ?ただし重量物はしっかり分散配置されバランスは取れており勝手に倒れる事はありません。
 Wifi無線LANと有線LANの両方に対応しており、Wifi接続が不安定になりがちな雑居ビル・オフィスでの最終手段、転送速度が確保された専用LAN網システムでの追加導入が可能です。
 カメラモジュールはXMEye対応のXM510F+F22 CMOSの組み合わせ、XM510F DSPはXM510のバージョンアップでエンコード性能が向上しており1080P高解像まで対応する様になりました、今年5月頃にラインオフされた最新型です、メーカーからの公式スペックがなく詳細は不明ですが、フレームレートは25FPS ビットレートは6mBPS位までは設定できる様です、もはやHi3518 DSPと肩を並べるスペックまで向上しておりXM社のXM510 DSPチップに注ぐ情熱には執念すら感じます、他社調達の方が楽で収益性も良いハズなんですが「心臓部分を他社に握られるのを避けたい」のか「自社の技術力を何としてでも向上させたい」のかは分かりません、何かと言えば「アウトソーシング」「OEM」に傾倒する日本企業に比べ胆力溢れる決断力は羨ましい限りです。

◆K2-PT200ZX-X1-W内部構造
 カメラモジュール基盤は、レイアウトはK1-PTZ01→と似ていますが、基盤横幅が縮小され縦長になっています、表面積は小さくなったにも関わらず、XM510F DSPチップは大きくしかもQFPパッケージです、micro-SDカードスロットを始め各部品が所狭しとミニマムにレイアウトされテストパターンや未実装パターンを作る余裕は少なく超特急で仕上げた感がプンプンのモジュールです。
 モジュールはこのように装着されています、このモジュールの正位置はSDカードが上方で設計されておりK2-PT200ZX-X1-Wはレンズ下からSDカードを出し入れする必要から上下反対に装着さている事になっており、初期設定で上下左右反転がONとなっています、iCSeeアプリのバージョンにより反転がOFFのままの場合がありますのでその時は、CMSかiCSeeアプリでミラー・フリップ反転をONにして下さい。
 映像を反転しても映像の質が落ちるなんて事はなくiCSeeアプリでは反転に連動してPTZ操作も反転するので実用上違いを感じる事がありませんが、CMSやVMSソフトやONVIFソフト・アプリではPTZ操作が逆転してしまうのでご注意下さい。
 立て続けに新規モジュールをリリースしている反動なのかファームウェア適合不具合がここ最近よく発生しており、このK2-PT200ZX-X1-W もセカンドリリースの5月ファームウェアに映像がノイズだらけになる映像機器としては致命的な不具合があったのですが僅か14日で修正ファームがリリースされました、オール自社製チップに自社製ファームの謹製商品の強みなのかもしれません。
 赤外線LEDはチップタイプを採用CDSで制御する一般的な物で発熱は少ないのか放熱用のアルミ板は省かれています、K1-PTZ01では前面に小穴がが開いているだけでしたがマイクを覆うようにダクトが突き出しており収音性にも気を配った設計がされています。
 投稿サイトの撮影に使っているのでしょうか、自動車の屋根にPTZ式カメラを取り付けて走っているのを見た事があり監視業務ではなく撮影機材として使う人も増えており、メーカー側でも出来るだけ良い音で録音できる工夫をしている様です、そのうちノイズキャンセリングマイクを搭載した特化モデルも発売されるかもしれません。
 分解している時に気付いたのですが、他PTZ式と比べるとあちこちに切り抜きがあり強度が必要でない部分・外部から見えなくなる部分は的確で大胆に切り抜かれています、まさか原料節約の為にここまで手の込んだ肉抜きをするとは思えませんから恐らく排熱のための穴でしょう。
 そこまで排熱に気を使う必要があるのか消費電力を測定してみた所、最低400mA、最大700mA程度消費しておりK1-PTZ01に比べ100mA増えています、SDカードの種類・容量やWifi出力次第で1A近くまで消費するかもしれません。
 確かにこの消費電力で熱対策無しには出来なかったのでしょう、まさか構造解析まで行っているとは思えませんが徹底した排熱設計がされています、カメラモジュールが小型化されたにも関わらず既存機種より頭でっかちになったのは内部空間を確保して排熱させたかった為かもしれません、プロダクト能力は確実に向上していると感じます。
 副次的な効果ですが、スピーカーの音がやたら響きます8Ωの小型スピーカーがレンズと反対方向についているセオリーな構造なのにカメラ部全体から響きます。
 次に土台部ですが、WifiチップとRJ45有線LANジャックと載せた円状基盤が1枚とモーターとアンテナが入っています、基盤はモーター高さを稼ぐために変形基盤でK2-PT200ZX-X1-W専用だと思います、薄いステッピングモーターを調達するより基盤を起こした方が安上がりなのでしょう、Wifiチップは定番となったXM710です11nまで対応しており問題はありません。
 全体的に新造と流用のメリハリがあり運用上の対策もしっかり考慮されています設計練度が確実に向上しており、パナソニックが防犯カメラ部門を売却するのも道理でしょう。

 K2-PT200ZX-X1-Wも、K1-PTZ01と同じくスタートアップ動作で首を振りません、他社のカメラは停電などで再起動するとデフォルト位置に戻るので「気付くまで方向違いを監視していた」なんて事が良くあるので私は首を振らない方が好みです。
 PT回転が速く爽快に動く上にK2-PT200ZX-X1-Wでは、カメラのプリセット位置巡回機能が使用できます、プリセット位置はカメラ方向を225個まで記憶でき、巡回はプリセット位置間を定間隔65535秒まで指定して旋回させる事ができます、以前はハイレベルモデルしか有効化できなかった機能で通路や倉庫の真ん中に設置した時に便利な機能です。
 PTZの回転域は、水平350垂直90°まで回転します後ろのアンテナが邪魔ですがほぼ死角は無く、視野の上下左右反転機能がありますので天井取付でも問題はありません。
 取付用に小さな専用取付台と木ネジが付属しています、これはカメラ裏にある筋切りにカチッと嵌る様になっており構造を知らないと以外に外すのに苦労します、不特定の人が集まる場所での持ち去り防止に有効です。
 K1-PTZ01設置ただ取付土台が底面よりかなり小さく土台に両面テープに張り付けた程度では接着力が弱く落下してしまうかも知れません、天井や壁に一切の穴を開けたくない時や設置場所を一カ所に固定しない時はホームセンターや100均ショップの生活雑貨コーナーで鴨居フックや部屋干し便利グッズを加工して設置してください。

◆K2-PT200ZX-X1-Wベスト使用環境

K2-PT200ZX-X1-WのCMS設定画面をキャプチャしました。説明が欲しい所がありましたらご質問ください。

◆詳細スペック

センサー

 F22 CMOS (1080P)

ビデオ圧縮

h.264/h.264+

レンズ

3.6㎜

 ネットワーク

wifi /RJ45有線LAN

SDカード 

有り

ONVIF 

対応

電源 

入力DC5v/1.5A

 本体サイズ

直径70 X 高100mm

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)