iCSeeアプリ iPhone/ipad対応機種が更新されました。iPhone5s以降

 iCSee Proのiosバージョン「 iCSee Exclusiveアプリ」の対応機種が更新されました、iPhoneはiPhone 5s、iPadはiPad AirとiPad mini2以降のモデルでないとアプリ更新と新規インストールができなくなります。
 モデル詳細は「Requires iOS 8.0 or later. Compatible with iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE, iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPhone 8, iPhone 8 Plus, iPhone X, iPad Air, iPad Air Wi-Fi + Cellular, iPad mini 2, iPad mini 2 Wi-Fi + Cellular, iPad Air 2, iPad Air 2 Wi-Fi + Cellular, iPad mini 3, iPad mini 3 Wi-Fi + Cellular, iPad mini 4, iPad mini 4 Wi-Fi + Cellular, 12.9-inch iPad Pro, 12.9-inch iPad Pro Wi-Fi + Cellular, 9.7-inch iPad Pro, 9.7-inch iPad Pro Wi-Fi + Cellular, iPad (5th generation), iPad Wi-Fi + Cellular (5th generation), 12.9-inch iPad Pro (2nd generation), 12.9-inch iPad Pro Wi-Fi + Cellular (2nd generation), 10.5-inch iPad Pro, 10.5-inch iPad Pro Wi-Fi + Cellular, iPad (6th generation), iPad Wi-Fi + Cellular (6th generation), and iPod touch (6th generation)」となっています。
 OSバージョンと機種番号で判別しているらしく上記機種以外では右画像のダイアログが表示されアップデートが出来ません、ご丁寧に旧版iCSeeアプリも同内容で更新されており旧版を使う事もできません。
 インストール済みならバージョンアップできないだけでログインは可能でカメラ映像を見る事ができるのでこのまま運用(数カ月程度なら)できると思います。
 問題は対応機種外のiPhone/ipadではiCSeeアプリの新規インストールできない事です、iCSee対応カメラのWifi設定の変更はiCSeeアプリが必須インストールできないと初期設定が行えないのでWifi接続だけのカメラでは致命的です。
 2017年にiOS11サポート対象外となってから、乗り換えが進んで既にiPhone5やiPhone5cを使っている人は少ないと思いますが該当機種を使っている方はご注意下さい。
 
 もし、上記条件に合致して困っている方がおられる場合は、旧アプリのXMeyeアプリ(対応機種が未更新、iOS 8.1以降のiPhone/iPadならインストール可)で初期設定を行う事もできます、但し一部のカメラでWifiを検知できない事があったり運よく設定できても閲覧が不安定だったり機能が一部使用できないなど運用に支障がある様です。

 手持ちのiOS機材が未対応ばかりになったので ”検証の為だけ” に入手しなくてはいけません、液割れジャンクでも買って修理すれば良いか…。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)