TP-Link Tapo TC70 PTZネットワークカメラ

 TP-Link Tapo TC70 は、TP-LINK Technologies Co., Ltd.(普聯技術)が販売する低価格ネットワークカメラのグローバルバージョンです。
 Tapo TC70を含めたTapoシリーズは、本国のTLシリーズ(例:TL-IPC44AN-4)に比べて何もかも劣るエントリーシリーズ、Wifiルーターではそこそこ高性能なモデルを日本で発売しているTP-Link社ですがネットワークカメラに関しては時代遅れの旧世代モデルしか販売していません、その上Tapoシリーズはクラウド契約しないとヒューマン検知、プライバシーマスク、自動追跡などは使えません。
 本国TLシリーズのカメラアプリ「TP-LINK安防」ではその様な項目は表示されないので、日本で販売するTapoシリーズは「防犯カメラとして使いたいならクラウド契約を必須にさせる」というグローバル戦略なのでしょう「なかなか狡い事」をします。
 クラウド未契約でも動体全て検知する動作検知、スマホ通知、は使えるので室内使用なら何とか使い物になると思いますが防犯カメラは他のカメラを用意して、TP-Link Tapo TC70 はAmazon Alexa、Amazon Fire TVとGoogle Nest Hub(Google Assistant)の「モニター付AIスピーカー専用カメラ」と割り切った方が良いでしょう。

 対応アプリは TP-Link Tapo になります。

◆ご使用の必須条件(USB 5V2Aアダプタ
①自宅にインターネット回線とWifiがある事。
②自宅ルーターのIDとパスワードを管理している事
③スマートフォン、タブレットのいずれかまたは両方持っている。
◆スマホでの設定方法→TP-Link Tapo google play と Appleストアで配布

◆Tapo TC70 ネットワークカメラレビュー
 Tapo TC70は、付属の専用 9V ACアダプターでの運用になります、5V USBならケーブル延長も簡単でACアダプターが壊れた時も代用品の入手は簡単ですが9V ACアダプターはかなり苦労する事になるでしょう。
 カメラ機能に見る所がありませんが、カメラ自身の安定性・アプリの接続率は高く「見たい時に必ず見れる」カメラです、この点はさすがTP-Link と言った所でしょうか。
 本国のTLシリーズにはパソコンでカメラを管理する TP-LINK集中监控管理系统 というCMSソフトがあるのですが、Tapoシリーズはスマホ・タブレットアプリしか用意されていませんがTC70はネットワークカメラ汎用規格のONVIFに対応していますのでリアルタイム映像とPTZ操作程度ならONVIFソフトで行う事が可能です、ただ検知動画の確認やカメラ設定変更はアプリからしか行えませんので、やはり専用CMS/VMSソフトは欲しいですね。 

 画質は1080Pで視野角は90~100°以なのでそこそこ広角です、一応歪み補正があるのですが必要になるほどの広角では無いので使わない方が良いかと思います。
 Works with Alexa認定製品なのでTP-Link Tapoアプリ以外に、Amazon Alexa、Amazon Fire TVとGoogle Nest Hub(Google Assistant)のモニター付AIスピーカーに対応し音声操作でカメラ映像を確認する事も可能です、ONVIFに対応しているとしても防犯カメラとしては機能が旧式すぎてお勧めできませんが安定して接続できるのでモニタ付きAIスピーカー専用カメラとしてなら良い選択かと思います。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)