Xiaomi DaFang 200万画素PTZ自動追跡搭載 スタイリッシュネットワークカメラ

 Xiaomi Dafangは、小米科技が発売したスタイリッシュな1080P高画質PTZ(パン・チルト)対応ネットワークカメラです。
 技術力も資本力もある ”スマホのXiaomi社” が作ったカメラだけあってハードウェアの出来はよく「スタイリッシュなデザイン」「高解像度」「ホームユース初の自動追尾機能」など海外のレビュー記事で評価が高く動作している動画を見る限り非常にコストパフォーマンスの良い魅力あるカメラに見えました。
 ただし Xiaomi Dafangを記事にした2017年当時、日本で動作させてみるとカメラの初期設定は問題なく行えましたがP2Pサーバーへのアクセスが上手く行かず「運が良くないと繋がらず見られたとしてもSD画質のカクカク再生」と接続と通信速度に問題がありバージョンアップ毎にアクセスが難しくなりハードウエアが優秀である事は確認できましたがネットワークカメラとして使い物になりませんでした。
 当時Xiaomi 社はいずれ傾斜するスマホ市場を見越して総合家電メーカーへの転身を図る為に家電とIOT機器の開発に注力しており新商品を次々と発売していたので、Xiaomi 社のP2Pサーバーの処理能力が追いつかず処理量を減らすために正規販売地域外からの製品アクセスに制限を掛けて使えない様にしていたのだと思います。
 あれから2年が経過してXiaomi社の日本再進出はありませんでしたが、Xiaomi 製品を日本で正規販売(OEMかも)する会社が現れて、アクセス制限が解除されたのかサーバーを増強し制限自体が無くなったのか久々に動作させてみると Xiaomi Dafang が正常に動作するようになっていました、やや不安定な所はありますが昔見たレビュー記事や動画の様に高画質で自動追尾機能も動作します。
 専用アプリMi Home も日本語に対応しており、Xiaomi 社が発売しているネットワークカメラはほぼ網羅しています、カメラ以外のIOT機器も操作可能になっているらしくた様です、Xiaomi ブランド機器でスマートホームを構築したらスマホとMi Homeアプリで遠隔操作できる事になりなるのだと思いますが、機器の登録時にGPSをONにしないと登録できないのは面倒です。
 購入したがまともに使えないので箱に戻して物置に仕舞い込んだ方は、引っ張り出して使ってみて下さい。

 

◆Xiaomi Dafangネットワークカメラ再レビュー
 ネットワークはWifiのみ、背面のUSBでLTEスティックを刺せばLTE回線でも使えるとの事ですがどのLTEステックが対応しているのかは判りません。
 ホームセキュリティカメラなのでスピーカー、マイクで双方向会話、SDカードで常時録画、動作検知録画が行えます、動作中は正面に小さなLEDが赤青橙で点灯し動作状態を知らせます、SDカードやリセットボタン、マイクは全て底面に配置されており不用意に押したり長年の使用で埃やゴミが溜まる事がありません。
 USB電源ジャックは丸く薄い土台に配置されており、ココが裏面である目印となる良いアイデアです、ただ上下のクリアランスがシビアで付属USBケーブルの様な薄い平ケーブルタイプでないと使えません。
 スタイリッシュな縦長の四角柱形状の外観をしていて不安定に見えますが、重量が下部に集中しており指で突いた程度では倒れず土台裏にはスリップ止めのラバーが張っており勢いで本体が回転する事もありません、一般的なカメラ用1/4インチネジ穴があり壁や天井に設置したい場合はカメラ三脚や防犯カメラ用のブラケットを別途購入する事で設置出来ます。
 現在発売されている多くのPTカメラと違い、デザイン優先のXiaomi Dafangは内部スペースの制約でギアを使って回転方向を変更させています、その為でしょうかPT回転はスルスルと勢い良く回転します、自動追尾機能を使用するとキビキビ方向が変化し追従性は悪くありません、上下方向の回転域が60度ほどしかないので対象と同じ高さに設置すると追従しきれない場合が多いですが、対象を見下ろす高所だと動き回る対象を器用に追いかけます。
 デザインが良くハードウエアの信頼性も高いとても良く出来たカメラです、パソコンのソフトが無いのが惜しいですがスマホ・タブレットしか運用する予定のない人は選択肢に入れても良いかと思えます。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)