NVR1008F ネットワークカメラ 一括管理・レコーダー ONVIF/iCSeeアプリ対応

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. Katsu より:

    はじめまして、ONVIF対応のカメラ1台に対して、複数台のNVRで録画する事は可能でしょうか。
    それと色々なメーカーのスマホアプリが有りますが、どのメーカーがお勧めでしょうか?
    非常に多くてよくわからないところです。
    お手数ですが宜しくお願いいたします。

    • oosaka-bouhan より:

       複数ユーザー登録が可能でONVIFポートの同時アクセスができるカメラなら原理的には可能ですが、カメラが不安定になる上に映像品質が低下しますから通常は行いません、遠方からのアクセスはVPNで専用回線を構築した方が現実的かと思います。
       スマホアプリは色々ありますが、専用スマホアプリでのアクセスはカメラと製造メーカーのP2Pサーバーと通信しておりP2Pサーバーの処理能力に天地の差がありますカメラの販売数が増えればP2Pサーバーの構築に投資が必要でその投資額は価格に上乗せされています、後悔の無い物をお選びください。

  2. Katsu より:

    早々のご回答ありがとうございます。
    現在はCVBSで分配器で複数のTVと複数のレコーダーに接続しています。
    それで高画質化を検討してまして、
    TVでの複数個所でのモニターとHDD障害時のバックアップとして
    複数台で記録したかったのですが、
    IPとなると簡単にはできないのですね。

    • oosaka-bouhan より:

       録画データの保存を第一にお考えなら、スタンドアロンで動くNVRではなくQNAP TS-251A の様な高性能NASをお勧めします、Surveillance Station VMSを導入して4K解像度までのONVIFカメラを2台(追加ライセンスで32台まで)接続できます、HDMI付きなので他にPCモニターを用意すればミニマムなカメラシステムが構築できます。
       ベースがNASなので、ミラーリングRAIDが可能で障害が発生しても片方のHDDを交換する事でリカバリーできますから複数のレコーダーで多重録画する必要はありません。
       更に保存確立を上げたいなら、別のNASへ自動バックアップしても良いですし、BOXなどのクラウドストレージを利用すれば従業員や侵入者の物理的破損を受けても映像データが欠損する事がありません。
       映像確認はパソコンのブラウザかスマホアプリでNASにアクセスします、ソフト的なアクセス数制限はなくNASの処理速度に依存しますから沢山アクセスしたい場合は上位機種のNASを選びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)