AnySee XMカメラ、表示と一覧ネームの変更方法

 AnySee/iCSee対応XM社カメラのライブ画面で表示されている名称を変更する方法を教えて欲しいとお問い合わせがありましたので記事にします。
 ライブ画面に表示されている物は「チャンネルネーム」と言うのですが、カメラにより異なりますが初期状態では「CAM01」や「ロボット1」「Local Host」になっています一台ならそのままでも良いですが複数台ですべてが同じチャンネルネームではややこしいですし、監視対象が似た様な風景だと侵入者の現在位置や指示が遅れる事もありますから変更する事をお勧めします。
 またAnySeeアプリで初期設定の際にカメラ登録名を変更せずに初期設定を完了した時、有線LANカメラなどでカメラ登録名が変更できなかった時など、スマートカメラ画面に同じカメラ登録名が並びどれがどのカメラかわからない時の変更方法も記事にします。

FTP に動作検知動画をアップする設定(CMS 設定):クリック
CMS対応カメラ:クリック
CMS関連記事:を先に先に以下の記事をお読み下さい。
 CMS設定方法
 CMS動作検知&通知設定方法
 CMS FTPアプロード設定方法 
 XMEye CMS 設定 FTP E-mailが送信できない時の対処編
 XMEye iCSee CMS 設定 FTP が送信できない時の対処編

◆チャンネルネームの変更
 CMSソフトでカメラにアクセスします。 設定→システム設定→画面設定をクリックします。 チャンネル横の設定ボタンをクリックします。 テキスト欄に任意の識別名を入力します(日本語でもOKです)てOKボタンをクイック。 以上で完了です。

◆登録名の変更
 AnySeeアプリでカメラにアクセスして登録名称を変更したいカメラをタップします。 カメラが表示される事を確認して、右上の歯車ボタンをタップ セットアップ画面の基本設定をタップして、カメラ名 横の登録名をタップ。 任意の登録カメラ名を入力してOKをタップ スマート画面に戻り登録名称が変更されている事を確認します。

 スマホが手元にない場合や、スマホアプリで運用していない方はhttps://www.xmeye.netリモートサイトにアクセスして、Device Manageタブをクリックし変更したいカメラの登録名称をクリック。 入力欄に変化しますので、任意の登録名称に変更して 左の×をクリックします。 以上で完了です。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)