Xiaomi Dafang 200万画素自動追跡搭載 PTZネットワークカメラ

 Xiaomi Dafangは、小米科技が発売したスタイリッシュな1080P高画質PTZ(パン・チルト)型ネットワークカメラです。
 フェミニンな部屋には馴染むファニーで丸いホームセキュリテイカメラは多いですが、このこのXiaomi Dafangはアーリーな空間にピッタリのスタイリッシュなデザインにパッケージされています、小さな土台を残し本体がパン回転する意外性、デザイン優先で僅か上下60度程度にしかチルト回転しない思いっきりの良さ、これをプロダクトした人は相当愉快な人物でしょう。
 Xiaomi は日本ではスマホ程度でしか知られていませんが海外では総合家電メーカーであり、最近はセキュリティを含むホームIoT機器を積極的に開発しており、IoT歯ブラシからIoTベッドサイドランプなど、おはようからおやすみまで手当たり次第目につく物を片っ端からIoT化しており、このXiaomi Dafangを含め1つのMi Homeアプリで連携・コントロールできる様にしており、利便性と汎用性でユーザーを囲い込む戦略なのだと思います。

◆Xiaomi Dafangネットワークカメラレビュー
 
このXiaomi Dafangは私が仕入れた物ではなく、あるバイヤーの方から「専門外なので評価とレビューをお願いしたい」と依頼を受けて引き受けた物です、折り合いが付かないとかで販売は行われませんでした。
 かなり前の話で許可を頂きましたので記事にします。

 ネットワークはWifiのみ、背面のUSBでLTEスティックを刺せばLTE回線でも使えますが対応品は日本で発売されていません。
 ホームセキュリティカメラなのでスピーカー、マイク、SDカードで双方向会話、常時録画が行えます、動作中は正面に小さなLEDが赤青橙で点灯し動作状態を知らせます、SDカードやリセットボタン、マイクは全て底面に配置されており不用意に押したり長年の使用で埃やゴミが溜まる事がありません。
 USB電源ジャックは丸く薄い土台に配置されており、ココが裏面である目印となる良いアイデアです、ただクリアランスがなく付属のUSBケーブルの様な薄い平ケーブルタイプでないと使えません。
 本体より小さい土台は不安定に見えますが、恐らくウェイトが入っているのでしょう、倒れる事や回転時に動いてしまう事もありません。
 ステッピングモーターはギア経由で回転しているのか動作音はギリギリと意外と大きな音がします、ベルトを使って静かにする手もありますが色々面倒ですしスペースも必要ですからギアにしたのでしょう、静かなオフィスや個室で使うには向いていません。

 ダイレクトアクセス(カメラ内臓の無線LANアクセスポイントにスマホを接続するモード)した場合は、1080Pの画質で2倍程度のデジタルズームでも鮮明度は落ちず4倍でもそこそこ高い品質を保ち、激しい動体を撮影してもノイズは発生しません、ダイレクトアクセスモードに限ればかなり使えるカメラです。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)