GoProタイプアクションカメラ PG1050バッテリー購入

 SOFER GOTouchアクションカメラを購入してからほぼ毎日使用して一年ほど経過しました、バイクなので常に防水ハウジングに収納して使用しており夏場は長く触れていられない程発熱しており「すぐ壊れるか?」と思っていましたがなかなか堅牢で未だ支障なく動作しています。
 撮影解像度が4K~720Pまで対応して1080Pでは60fpsの高フレームレートに対応しておりアクセスポイントですがWifiが使用でき ”NTK Cam”という専用スマホアプリを使用して操作と閲覧を行えます、期間限定セール3,050円で購入しましたが中々の良品です(既に取り扱いはありません)。
 ただしバッテリーは消耗しており、2ヶ月ほど前からいざ使おうとすると起動はするものの動作可能なバッテリー残量が無く勝手にシャッドダウンされてしまい満充電でも20分以下しか動作しない様になりました、使い続けるにはバッテリーを交換する必要があります。

 SOFER GOTouchアクションカメラ動画はこんな感じ。

 日本のデジカメやゲーム機と違い、生産数が少ない中華ガジェットのバッテリーは同じ製品でもロットにより違うバッテリを採用していたりと規格化しておらず消耗品を後で入手するのは非常に困難で、近いサイズや似た形状の物を削ったり嵩増ししないと使えない事も多々あります。
 ただできればそのまま加工無しで使えるに越した事はありませんから慎重に吟味してから購入します。
 SOFER GOTouchアクションカメラの付属バッテリーは珍しく ”PG1050” の型番が印刷されておりこの型番を手掛かりにして検索すると….
 何件か Amazon で引っかかりましたので、出品画像などを参考に検討して使えそうなものを探します。
 ただし同じ型番であってもバッテリーは中華物ですからロットや改良で「同一商品」の保証はありませんし「出品画像と同じ物が届く」保証もありませんからリスクを覚悟しなければなりません。

  
 2日程で注文したバッテリーが到着しました、1,600円程度でバッテリー3個と充電器付きの格安価格です。
 到着したバッテリーは、SOFER GOTouchアクションカメラ付属バッテリーと同じ茶灰色のパッケージでカメラへの装着も問題なく満充電で80分程度動作します、フレームレートや解像度を下げたら90分弱動作するでしょう、性能も付属バッテリーと同じなので恐らく同じ工場で製造されロットも近い商品だと思われます、最悪バッテリーセルを取り出してハンダ付けする事も覚悟していましたら一安心、1つ1年として後3年は戦えそうです。

 PG1050と言う型番は、SJCam社 SJ4000 SJ5000アクションカメラ用の互換バッテリーらしく、2017年以降に発売された中華アクションカメラに採用されており一応の標準品になっている様です、ただし純正のSJ4000 SJ5000バッテリーとPG1050を比べると端子位置は同じですがサイズが微妙に小さく角が丸く形状がやや異なっています、日本だと互換バッテリーは互換元と全く同じ形状にするのが常ですが、中国の場合「互換」は ”一応使える” と言う意味なのでしょう。

 今回は運よく同型のバッテリーを入手出来ましたが、商品サイクルの早い中華ガジェットは後から消耗品を購入できる保証なんてありませんから予備バッテリー付きや商品購入時に予備バッテリーを追加購入しておいた方が良いかも知れません。
 ただ中華ガジェットだけに性能も耐久性も未知数で買って直ぐ壊れてしまたら無駄になりますから悩み処ではありますが…。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)