スマートフォンでカメラの映像は見えるけど、通知、音、マイク…が出来ない!時に

 ネットワークカメラのスマホアプリをご使用の方から、映像は見えるが「カメラの双方向通話が使えない」「カメラの音が聞こえない」「動作検知のスマホ通知が全く来ない」などのご質問を頂く事があります。
 iPhone やAndroidなどスマホ用OSは、バージョンが上がる毎にセキュリティが強化されており、アプリが使用するアクセス権が厳密化されユーザーが細かくアクセス許可を与える必要があります。
 通常は、カメラ初期設定時に表示される警告ダイアログを良く見て各セキュリティ項目に「許可」を与えておけば良いのですが、よく確認せず「許可しない」を選択してしまうと以降はスマホOSがアプリが使いたい通信をブロックしてしまう事なります、再度アクセス許可を与えるにはスマホの設定でカメラアプリへアクセス許可を与える必要があります。

◆Android アプリのアクセス許可を変更する
 Androidスマホ・タブレットの設定画面、アプリと通知 をタップします。(OSやスマホにより若干名称が違います) 詳細設定をタップして、アプリの権限をタップします。 該当のディバイス(音ならマイク)をタップします、該当のディバイスを使っているアプリ一覧が表示されますので、スライドスイッチをONにしてアプリにアクセス許可を与えます。 カメラアプリにより要求するアクセス許可の数に違いがあり、何故かGPS位置情報まで供給するアプリもあります、面倒な事にすべてのアクセス許可を与えないと動作しない作りの悪いアプリもありますのでご注意下さい。

◆iPhone/iPadアプリのアクセス許可を変更する
 設定→ を下までドラックして、カメラアプリを見つけてタップします。
 アプリが使用するアクセス許可が一覧されるので、アクセス許可を与えます。 動作検知通知の許可を与える場合は、通知をタップします。
 カメラアプリをタップします。 通知の許可を与えます。iOSの場合は通知のスタイルや位置を選択できる様になっています。 アクセス許可に関してはiOSの方が扱いやすく分かり易い様に思います、ただOSのサポートから弾かれた古い機種ではアプリが更新される事も無くバグが放置されてしまったり新型カメラにアプリが対応していないなど、常にOSサポート内の新しい機種に更新し続ける必要がありお金が必要です。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)