AQUOS SHL25 を買った、nanoサイズへSIMをカット。

HTC J Oneはいつ液晶が割れるか判らないレベルでAQUOS SERIE SHL25を購入しました、色も好みでないしベゼルに欠損もありますが中古5,180円と安かったのが理由です。
 カバーを付ければ色は意味がなくなりますし、Androidのバージョンも上がりそれなりに使い易いのでまあ満足。

回線はmineoなので機種の変更に問題がないのは分かっていましたが、すっかり失念していたのはSIMのサイズでHTC J OneはmicroSIMでAQUOS SERIE SHL25はnanoSIM このままでは装着できません。
 SIMサイズ変更は2千円と2~7日程度で出来るんですが電話が使えない期間は仕事上困りますので自分でカットしました。
 SIMカッターとかパンチーという専用工具もあるようですが、1回使うだけの物を買うのはもったいないと思う方は参考にして下さい。

Nano-SIM cutting guide

で切り取りガイド台紙をダウンロードしてプリントアウト。
SIMをセロテープで張り付けマジックで線を引きます。
台紙にはハサミの絵が描かれていますが、SIMの素材は柔らかいポリカでしょうし切断面を綺麗にしたいのでカッターを使います。
 一気に切るのではなく、先ほど引いた線にものさしでカッターの刃を誘導し何回も往復させてゆっくり切り取ります(ディスクカッターとかペーパーカッターがあればさらに簡単)金属面に触れて静電気で壊したりしないようセロテープはそのままにして、SIMトレイにすっぽり収まる様に紙やすりで修正します。
 トレイに収まったら、スマホ内のSIM接触端子が引っ掛からない様にSIMカードの金属面の縁(ふち)周辺のバリや凹凸をヤスリで取り除き滑らかにします。(ガリガリせず優しく) セロテープを剥がしSIMトレイをスマホに挿入して電源を投入します。

 削り易いポリカなので少し大きく切り取ってヤスリでSIMトレイにジャストサイズにして修正する方法なら楽ですし、金属面を傷つけたり内部のICを押し潰したりを注意すれば失敗する事はないでしょう。
 既に3日程使用していますがSIMに関する異常は発生していません。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)