NCV-XI420D-94 見えない(不可視)赤外線LED搭載 1080P高解像度ネットワークカメラ

NCV-XI420D-94は、人間の目には光っている事が視認できない波長940nmの赤外線LEDを使った低威嚇・秘匿性の高いネットワークカメラです。
 マンションオーナーの方から「暗闇で薄っすら光っている粒々(恐らくLEDの事)が威圧的みたいで住人からやんわり苦情をもらった」と相談を受け、始めは低照度スターライトカメラをお勧めしたのですが設置場所近くに常夜灯が一切なくスターライトカメラでも撮影困難でしたので、本商品NCV-XI420D-94を購入頂きました。
 高輝度白色LEDで発光して目立ちまくるNCV-XI420Dとは真逆の製品に変身したNCV-XI420D-94ですが、構成はほぼ同じ200万画素1080Pの高解像度、カメラモジュールはXMライセンス認証ありなので スマホ、パソコン、ONVIF機材・ソフトに対応しています、単体でも防犯カメラシステムの追加カメラとしてもどちらでもご使用いただけます。
 「隣家と隣接しており威圧感を与えないカメラが欲しい」「特定の理由からカメラが動作している事を悟られたくない」「夜間被害が多くどうしても犯人を特定したい」と言う方ニッチな用途に特化したネットワークカメラです。

◆ご使用の必須条件(ACアダプタを別途ご用意ください。適応はこの記事参照
①自宅にインターネット回線がある事。
②自宅ルーターのIDとパスワードを管理している事(UPNPが働かない時ポート開放が必要)
③スマートフォン、Windowsパソコンのいずれかまたは両方持っている。
◆スマホでの設定方法→iCSee google play と Appleストアで配布
◆WindowsPCでの設定方法・ダウンロード→CMS

◆ネットワークカメラレビュー
 不可視赤外線LEDは、人間の可視領域上界である波長830 nmを上回る波長940nmの赤外線LEDを使用します。
 防犯カメラやデジカメ・スマホのCMOS光素子は上界1100 nm までの光を捉える事が出来ますので、人間の裸眼では見えずCMOSでは撮影できると言う原理です、決して光っていない訳ではありませんから本格的な赤外線スコープを装着したヤル気マンマンの侵入者にバレない訳ではありません。
 「目立たない事は防犯カメラに有利なんだからなぜ他のカメラもこの赤外線を使わないのか?」と思うかもしれませんが、この波長940nmの赤外線LEDは一般的な波長850nm波長の赤外線LEDに比べパワーが低く光の減退率が大きい欠点があり同数のLEDでは照射範囲や到達距離が短くなります、850nm波長と同じレベルに照らすには物理的に数を増やすしかありません、ただしカメラの内部スペースは限られますし特殊性から部品単価も高く価格優先の通常モデルでこのタイプのLEDを採用しているカメラは少なく、ほとんどは特注かショップのカスタマイズモデルのみで販売されています。
 当店も始めBES-6006の様な小型筐体で不可視赤外線LEDモデルを打診したのですが、一般的な5㎜砲弾型LEDやチップLEDでは到達距離が短すぎて使い物にならず、前面面積も内部にも余裕のあるNCV-XI420Dをベースにした経緯があります。

◆NCV-XI420D-94内部構造
 基本的な構成はNCV-XI420Dと同じHi3518EV200モジュールを真ん中にして下にLED用ドライバー、上にPowerLED放熱用のアルミ板が配置されています。
 不可視LEDは初めての取扱いで特性が分からなかったのですがNCV-XI420Dの白色LEDより発熱が少なくアルミ板のみで安定して点灯しています、倉庫監視など24時間ずっと点灯させる特殊なロケーションでは別途ヒートシンクを付けた方が良いかもしれませんが、一般的な使用では不要でしょう。
 PowerLEDはカバー付拡散リフレクターを採用しており発光ロスを軽減しています、出来れば黒色を希望したい所ですが指定できないので諦めました。
 レンズは標準的な3.6mm広角CMOSの兼ね合いで同じレンズでも視野角に差があるのですがNCV-XI420Dとおなじ95~100°程度で撮影できます、悪くありません、レンズ周りにF値などが刻印されいるレンズも同じ物が使われており防犯的にはマイナス、気になる方はマジックなどで塗りつぶせは良いでしょう。
 レンズの下に突き出しているのがCDS光センサーです、CDSセンサーの検知できる光は波長750nm程度なのでこのセンサーは日光や照明の光のみ反応し赤外線LEDには反応しません、狭い場所やレンズ近くに目障りな障害物があっても大丈夫です。
 筐体は鋳造でとても丈夫にできています、透明部分はすべてガラスで長期間の屋外使用に対応した構成になっています。
 前・後部で分割でき、接合はシリコンパッキンを挟んでネジ4本を締め込んで行います十分な応力を掛けられ接合面はにはパッキンを収めるスリットが彫られ組み上げ時にパッキンがズレる事もなく組み上げやすく信頼性の高い筐体です、パッキンは2㎜少しの厚みで野生動物撮影用のトレイルカメラ並みの厚みがあり直接雨が当たる吹きさらしの環境でも問題なく使用できます、ただ水没やほぼ水没状態となる防波堤や海沿いで使う場合は各部に追加シーリングをお願いします。
 取付穴は上面に1つと下面2つ1/4インチメス穴が用意されていますから一般的な防犯カメラ用ブラケットでもカメラ用ブラケットどちらでも取り付け可能です。

 

◆NCV-XI420D-94ベスト使用環境

CMS設定画面をキャプチャしました。説明が欲しい所がありましたらご質問ください。

◆NCV-XI420D-94詳細スペック

センサー

 F22 CMOS (1920 x 1080)

ビデオ圧縮

h.264

レンズ

3.6㎜

 ネットワーク

RJ45

SDカード 

なし

ONVIF 

サポート

電源 

入力DC12v/2A

 本体サイズ

170mm X 70mm X 75mm

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)