台風通過によりカメラが破損また不通になった方へ

 関西地方のJ:COMやeo光などで4日午後からインターネット接続が不通(2018年9月5日13時時点)となっております、eo光の場合はテレビ・電話も契約していたらインターネットと共に使えません、既に一日経過していますが通達はパッシブなWEBサイトのみでアクティブな通達は行われていません、ソフトバンクプランのご案内やeo関連のリストメールは送信できて障害発生の連絡は送信できないとは余程特殊な障害状態なのでしょう。
 一般向けでも月々それなりの料金を要求しているのですし、ビジネス光、オフィス光など企業プランを運用していながらこの初動の遅さは如何なものかと思います。
 関西直撃コースは25年ぶりとの事なので「何かあるか」と思っていましたが、ガス・電気・NTTやauなどの基幹インフラを長年運用している所は軽微で済み、ここ10年で参入した会社に限り深刻な状態になっている様です急速な拡張を優先して災害想定を甘く見積もったのが要因でしょう、被害が軽微な所から復旧して行くと思いますが完全復旧まではかなりの時間が必要かもしれません

 湾岸など局所では車が浮き上がる程の風速がありましたから、関西全域で看板や目隠し壁・トタン屋根の飛ばされ易い物から、風よけの雨戸やシャッター扉まで吹き飛ばされた様で「看板と共にカメラが飛ばされた」「外れた建材がカメラを押し潰した」「屋根が吹き飛びカメラが浸水した」などの被害に遭われたお客様からのご連絡を多々受けました。
 運よくカメラが見つかっても直ぐに通電しないで下さい見た目では浸水が見られなくても分解し中を確認し乾燥させてから動作チェックを行って下さい、破損や浸水してしまったカメラは一応修理もできますが落下の影響により強度が大幅に低下している(鋳造ボディは特に)場合もありますから出来るだけ新しいカメラの購入を検討して下さい。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)