Apple iPhone5s スマートフォンを購入しました

 手持ちのiOS搭載だった iPad4がiOS12非対応になり、AnySeeなど去年末今年初めにリリースされた新規アプリがインストール不可能となり動作チェックが行えず、頂くiPhone/iPad関連のコメントの為に知人のiPhoneをその度に借りるのはさすがに不自由なので、iOS12を搭載していて最も安価に入手できる Apple iPhone5s を購入しました。
 購入したiPhone5s は、もちろん中古で生活傷はありますが落下跡はなく、液晶上部に極めて薄く茶シミあるだけです、6年落ちの高解像度液晶なら悪くは無いでしょう、連続1日、待機5日程度は持つので恐らくバッテリーは交換されたのでしょうバッテリー膨張もパネル浮きもありません、良い個体を入手出来ました。
 安く購入しましたが Apple製品だけあって「腐っても鯛」良く出来ています、Nexus7の様なタッチパネルの不具合も無く経年後を想定した部品品質、バッテリー消費を低く抑えるソフト設計は相変わらずスゴイと思います。

 同じアプリであればiOS版とAndroid版の操作的な違いほとんどありませんが、OSがアプリに許可するアクセス・変更制限に違いがあり、iOSはAndroidに比べアプリがiPhone/ipadの基本設定を変更する事を許していません、例えばアクセスポイントモード(カメラ独自のSSIDに接続する初期設定方法)カメラの初期設定の場合、Android版はアプリだけで完結できますが iOS版は手動でカメラのSSIDへ接続先を変更する必要があります、動作検知通知もiOS版はアプリ毎に許可を与え通知位置や方法を通知設定で決める必要があります、ネットワークとセキュリティに絡む制限が多くAndroid版しか使っていなかった方がiPhoneに乗り換えた時や家族友人のiPhoneへiOS版をインストした時に「???」となる事が多いようです。

 流石にiOS13の対応機種からは外されるでしょうから、今年秋頃までですがその間は最新OSを使えるでしょう。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)