SNVR 遠方閲覧Windowsソフト XMEye対応カメラ用

SNVR(Standalone Network Video Recorder)は、XMEye対応カメラをインターネット越しに録画するレコーダーソフトです、CMSがイントラネット(家内や社内のネットワーク)で使用するのと違い、SNVRは各営業所の防犯カメラを本社で録画するなど遠方のカメラをインターネットを使って一カ所で統括録画する為に使用します。
 防犯対象が離れおり、それぞれインターネット接続契約をしている、空き部屋、駐車場をお持ちの賃貸オーナーの方、親や兄弟、親戚が海外赴任や入院などで長期間家を空ける場合の防犯にちょうど良いかと思います。

CDが付属していないカメラやパソコンにドライブがない場合は:pan.sohu.netよりダウンロードします。

カメラを実用状態にしておきSNVRを起動します。

 authenticationダイヤログが表示されます、初期はadmin admin です、ログイン後に変更して下さい。 左下のDeviceManage をクリックします。 Manual Add をクリック。
 カメラの
 Cloud ID:
 User Name:
 Password:
を入力して、OKボタンをします。
出先ならXMEyeやiCSeeを見ながら設定すると楽です、カメラがイントラネット内にあるならSearch Againボタンをクリックしたらサーチされます。 カメラの台数繰り返します。
 登録したカメラデバイス欄をダブルクリックすると編集できます。登録が終わったら Quitボタンをクリックします。
 数分後にカメラの映像が表示されます。

 カメラが登録され映像が表示されたら自動で録画を開始します、録画ファイルはインストールフォルダ直下になりますので空き容量の多いHDDに変更するなどして下さい、録画を中止する場合は上方の小さいカメラアイコンでも右下アイコンでも可能です。

 最新バージョンでもアップデートは去年ですしVR表示にも対応していません、再接続やカメラサーチのボタンがなく使いずらい点や、インターネット経由なのであまりセキュリティが高いと言えず業務で支店を繋いでいる様な会社は専用VPN回線を使っていますからCMSが使えますし、日本のインターネット環境では使い所が難しいソフトです。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)