ZK291500 赤外線ビーム式センサー スイッチ

ZK291500 赤外線ビームセンサー

9.2

価格

9.5/10

防水性

9.0/10

正確性

9.0/10

良い点

  • 低価格
  • 小型なビーム式
  • 誤作動が少ない

悪い点

  • 両方通電必要
  • 正確な設置必要

 ZK291500は、アクティブ式赤外線ビームを利用したセンサースイッチです。
 ホームセンターで売っているセンサーライトやチャイムなどに使われている焦電型赤外線(人感)センサーは熱を感知してスイッチするパッシブ(受け身)方式のセンサーで乾電池で使える省電力とセンサー単体で検知できる便利なセンサーなのですが、犬猫でも検知してしまう点と検知距離が3~5メートルと狭い上に検知範囲を限定できないので誤検知が許されるパーソナル用途しか使えません。
 ビーム式センサーは投光器と受光器がセットになり、投光器の赤外線ビームを受光器で受けビームが遮られるとスイッチする方式のアクティブ式センサーです(分かりやすい易く説明すると光の棒を使った リンボーダンス)投光器と受光器の配置で方向や高さを限定できビームを強力にすれば数十mでも通過物を検知する事ができるので、誤作動が許されないエレベーターの通過センサー(載り口のポールに仕込まれています、最近はマイクロ波を使ったレーザーセンサーもありますが)や大型店舗駐車場の防犯センサーなどに採用されています。

◆ZK291500内部構造
 左が投光器、右が受光器で共に直流又は交流12~24Vで動作します、交流は珍しく風力や水力発電でも使えるように設計したのでしょうか直流への損失ロスが少なく便利かも知れません。
 送信部は人間の目では光っている事が判らない波長940nmの赤外線LEDを採用しています秘匿性は高いのですが、一般的な850nm赤外LEDに比べると照射距離が短く最大2点間距離は15mになります、室外なら雨粒や霧、砂塵の影響を受けますから最大距離の半分以下に抑えた方が良いでしょう。
 受光器側には最大36V1Aの機械式のリレー接続用に基盤用端子台は4つ口になっています、ネットワークカメラのアラームIN端子なら通電だけで良いのでそのままケーブルをつなぐだけ、チャイムにするならチャイムの押し釦スイッチを分解して繋げます、サイレンを鳴らすとかライトを点灯する場合は遅延回路を付ければ良いでしょう。
 オンディレイとオフディレイが固定されている内線電話やインターフォンのセンサーにする場合は、受光部のNO NCのジャンパーピンを変更する事でNO(OFF-ON-OFF)とNC(ON-OFF-ON)を切り替えます、別途工作する必要がなく便利です。

 設置に関しては投光器と受光器を正確に向かい合わせる必要があります、短い距離なら簡単ですが2点間が離れるほど調整がシビアになります、専用の治具があったり水平垂直が出せるレーザー水平儀あれば一人でもできますが、大型のビーム式センサーの様な微調整機構がないので正確に向かい合っている柱でないとかなり困難です、屋外の場合は樹木や雑草がビームを遮る事が無いよう常に整備する必要もあります。
 防水はIP55となっていますが壁側の穴はむき出しなので、ケーブルを配線したのちコーキング処理するかゴムクッションを挟む必要があります。

DSC_0125

 当店では、ZK291500はIO端子が付いているカメラの外部入力スイッチとして入荷・販売しています、購入された方の使用ロケーションは監視業務より店舗の入り口や特定の展示物前に設置して通過した人の年齢・性別などの客層を視覚化する際に活用するとの事で、珍しい事例は、レストランの調理室からワゴンが通過する度に自動撮影し料理デザインや食べ残し量などを視覚化のちデータ化するのが目的だそうです、以前は手動で撮影していたのでデータ欠落が多く便利で助かるとの事です。
 正確に設置しないといけない点などやや難易度が高いですが、誤検知が非常に少ないセンサーなので特定範囲で誤作動なく撮影したい時のセンサースイッチとしてご検討下さい。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)