Docomo スマホ SIMロック解除の手続きを解説します

 去年4月に購入したiPhone5SのOSサポート終了に伴い最新iOSでのネットワークカメラアプリの動作チェックが行えなくなったので最新iOSにギリギリ対応しているiPhone6S を購入していたのですが、ずっとガラケーだった家人が年末の忙しい時になって急に「スマホが欲しい」と言い出し動作チェック用に購入したiPhone6Sを普段使いできるスマホとして転用する事にしました。

 カメラの動作チェックに使うだけのつもりで購入したのでキャリアやSIMロックは意識しておらず転用できるか調べた所、2015年5月以降に発売された機種は総務省が定めた「移動端末設備の円滑な流通・利用の確保に関するガイドライン」に従いSIMロック解除が中古スマホでも行える様に改定されており、特にdocomo機種ではMy docomo サイト上で無料でSIMロック解除が行えるとの事です。
 AUやソフトバンクの場合、SIMロック解除は新品購入したユーザーに限りWEBサイト上から解除する事は可能ですが中古品で購入した場合は解除できず各キャリアのサービスショップで3,000円を支払いSIMロック解除してもらう事になります。
 
 動作チェック用に購入したiPhone6Sは当然Simロックは解除されおらずMVNOのSIMを刺しても「現在このiPhoneに取り付けられているSIMカードは…」と表示されアクティベーションが停止してしまい使えない状態でしたが、幸いにもdocomoのiPhone6Sでしたのでネットから簡単にSIMロック解除が可能でした。
 需要が多いとは思われませんがdocomoキャリアスマホのSIMロック解除手順を記事にします。

 まずSIMロック解除可能か調べる。
 2015年5月以降に発売された機種でも拾った物や盗難品、ローン未完済のスマホはSIMロック解除は出来ません、まずネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト(http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php)でスマホの製造番号を入力して解除可能か確認します。

 My docomo でSIMロックを解除する。
 dアカウントがあればログイン、無ければ新規登録でdアカウントを新規作成します。 頻繁にSIM解除する予定はありませんから、私は適当なE-mailアドレスで作成しました。 作成したdアカウントでMy docomoにログインします。 2段認証とブラウザ認識を経てやっとログインできます。 SIMロック解除の手続き(https://www.nttdocomo.co.jp/support/unlock_simcard/)ページに移動し 2015年5月以降に発売された機種の手続き をクリック

 お手続きをクリック 解除するスマホの製造番号(IMEI)を入力 各項のチェックし 最後に 次へ ボタンをクリック 内容確認で間違いがなければ 次へ ボタンをクリックすればSIM解除が実行されます。 完了のページが表示されたらSIMロック解除完了です。(表示されない場合はdocomoにお問合せ下さい) わずか数分の作業でSIMロックは解除されMVNOのSIMで問題無くアクティベーションが通り(知らない間に終わっていた)docomo iPhone6SがMVNO SIM対応のSIMフリースマホとして使える様になりました。
 店頭に出向く必要がなく無料で解除できるのは素敵です、金額を我慢したとしても店頭まで出かけていたら半日は必要だったでしょう。
 
 AUやソフトバンクもdocomoと同じ様に中古スマホでもWEBサイトでSIMロック解除できる様にしてくれたら良いのですが、盗難品との線引きは難しいですしメーカーとの契約や規定で出来ないのかもしれません。(知らんけど)
 良い方に考えればAUやソフトバンクのスマホをお持ちの方は手放す際にSIMロック解除をしてしまえば、下取りや落札価格を数千円程度は高くできる訳ですからAUやソフトバンクユーザーの方はSIMロック解除から中古市場に流して下さい、是非お願いします。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)