2017年 だだちゃ豆の栽培記録

5月17日 苗ポットの安納芋の成長が上手く行かずつい買ってしまいました、だだちゃ豆とレッドスイーツメロン。
 だだちゃ豆はコンパニオンプランツとして枝豆が欲しいだけで良い苗がコレしかなく割高ですが何となく購入しました。ほとんど成長していたたために、フェルトプランターの空いている所に3苗定植しました。
月27日 気づいたら小さな花が咲いていました、枝豆の成長がこれほど猛烈とは思いませんでした、フニャフニャだった苗が直ぐにシャッキとなり葉が大きくなったら矢継ぎ早に花とは予想外、成長が進むとカメムシが来襲しますサイズが大きいので駆除も簡単で3苗程度ならあまり手間もかかりません。

6月3日 気付くと莢(さや)が出来ていていました、まだ薄っぺらですが日に透けた莢の中に豆が入っていうのが分かります、豆の成長で重くなり苗が倒れないよう根本を寄せ土してから支柱を立て園芸クリップで支えます。
 この時期も次々カメムシがやってきます、莢もかじるのかと思っていましたが不思議と葉しかかじらないのに関心しつつ駆除します、別に無農薬にこだわる人間では無いので使ったのは

住友化学園芸 殺虫剤 ベニカベジフルスプレー 1000ml

住友化学園芸 殺虫剤 ベニカベジフルスプレー 1000ml

740円(12/03 07:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
をスプレーする。
 7月1日 莢が丸々太ってきました、枝豆の栽培は初めてで収穫の判断が付かず3個ほど収穫して塩ゆでしました。
 「少しおいしい枝豆」ぐらいしか期待していなかったのですが、枝豆の認識が変わる風味です、妙に香ばしいビターで柔らかいピーナッツと言えばいいのか予想外の風味です、海外の珍しいモノならともかく見た目は今まで散々食べていた枝豆と姿は大差ないので驚きました、日本は狭いとよく言われますが、食べたことがない食材や流通していない食材は沢山あるもんだと実感します。
 収穫して終わりのつもりでしたが意外とおいしいかったので、来年も栽培できる様に少量莢を残し種取り用に完熟まで育てる事にします。

 

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)