IL-HIP291G-1M-AI YCC365対応100万画素PTZネットワークカメラ

 IL-HIP291G-1M-AIは、PTZ(パン・チルト)型ネットワークカメラです、K2-T003-1080W と同じ筐体を使用していますが中身は違い、対応アプリは YCC365 Plus です。
 200万画素1080Pのバージョンは2M-AIと言う型番の様です。
 型番に「AI」と入っていて販売時に「AI」を「でかでか」と入れて宣伝していますが、iCSeeアプリカメラの様なヒューマン検知機能やインテリジェント検知などの様な機能は無く、自動追尾機能がプラスされているだけで検知は従来の動作検知のみとなります、ただし解像度が低いので映像分割数が粗く追尾機能は優秀ではありません。
 YCC365 Plus の以前の名称は EyePlusで、ここ数年で参入したメーカーなのですが EyePlusの時は有料のクラウドサービスを契約しないとカメラ機能が制限される露骨な運営方針だったのですが、YCC365 Plus ではややセーブして最低限は使える程度にしている様です、ただしユーザーが直接カメラにアクセスする事ができない「カメラ→ 中国の配信サーバー→ ユーザーのスマホ・タブレット」のライブアクセス方式のカメラですから中国の配信サーバーに機能制限を加えれば何時でも全カメラに制限を加える事が出来るので、ある日突然に機能制限が掛けられてしまうかも知れません。
 ユーザーが直接カメラへ接続できないカメラなので本格的な防犯システムに加える事はできません、ブラウザアクセスを可能にしてパソコンで使えるような印象を演出していますが、ブラウザアクセスはスマホアプリよりも映像の延滞が酷く実用で使えるレベルではありません。
  EyePlusの時は無理やりサブスクリプションを契約させるのが主目的でハード的には悪くないカメラを発売していましたが、YCC365 Plusでは型落ちスペックや難のあるブランクカメラ(ファームウェアインストール前のネットワークカメラ)を「それっぽくデコレーション」して安く販売する運営方針に変更したのでしょう。

◆ご使用の必須条件(USB 5V2Aアダプタ
①自宅にインターネット回線とWifiがある事。
②自宅ルーターのIDとパスワードを管理している事
③スマートフォン、タブレット、パソコンのいずれかまたは両方持っている。
◆スマホでの設定方法→YCC365 Plus google play と Appleストアで配布

◆IL-HIP291G-1M-AIネットワークカメラレビュー
 IL-HIP291G-1M-AIは、Wifiのみ5V USB電源なのでホームセキュリティカメラに分類されます。
 セキュリティの問題としてアプリのパスワードだけでカメラのパスワードを設定できません、この点について360eyeではストリームにパスワード(符号)を設定する事で対処しましたがこのカメラでは未だに対処していません、抵抗のない人が多いのかも知れませんが私はパスワードが設定できないIT機器をインターネットに接続するほど豪気になれません。
 万一カメラのアクセス仕様が流出したり解析されて流布されたら全世界のYCC365 Plus対応カメラは他人から覗かれ放題になりますから何らかの対策を施した方が良いと思いますが、何もしていません固い意志を感じます。
 YCC365 Plusアプリのビュー画面にはクラウドサービスへのリンクがデコレーションされています、意味不明なアイコンをタップするとクラウドサービスの画面になりますから日々マインスイーパーの気分が楽しめるでしょう。
 クラウドサービス未加入時のカメラ設定の項目は驚くほど少なく、機能のON/OFFのみで悩む事がありません初心者にも使い易いでしょう、動作検知のエリア設定を行いたい場合はYCC365 Plusに設定がなく、ブラウザでカメラにアクセスする必要がありますがカメラ解像度に比べてエリア分割個数が少なく強弱設定が無いので意味は無いでしょう。

 他のアプリ対応カメラと筐体が同じなので「実際に購入して動作させてみないと良し悪しが判らない」を上手に使った商品だと思います、返品率をどのくらいで計算しているのか知りませんが信用の希薄なネット通販の強みを悪い方向に生かした商品だと思います。
 恐ろしい事に日本にも大量に入っておりウッカリすると買ってしまうかも知れません、最低限は使えますから「最低限で重要度が低く最悪使えなくなっても良い」と言う方には良いかも知れません、ご判断はお任せします。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)