CMS 設定方法 動作感知と通知編(windows10)

 今回はCMS(Central Manage System)を使って、カメラの動作検知機能とE-mail送信機能を有効にして、カメラ単体で捉えた動作検知画像をE-maiに添付して送信する事が出来るようします。

対応カメラ:クリック
CMS関連記事:以下の記事も併せてお読み下さい。
 CMS設定方法
 CMS FTPアップロード設定方法

CMSを起動しカメラをコネクトします。
カメラ画像

 設定したいカメラの映像が画面に映っている事を確認して、右下のボタン群からシステム設定ボタンをクリックします。(マウスの右ボタンをクリックして「システム設定」をクリックでもOK)

システム設定ダイアログを表示します。カメラ設定01

設定 ー>システム設定ー>サービス設定 画面を開きます。
Email設定をクリックします。
 有効☑
 SMTPサーバ:
 ポート: 
 □ このサーバーはSSLを要求します。
 ユーザー名:
 パスワード:
 送信者:
 受信者:
 タイトル:Alarm Message
各欄に入力します。(画像はYahooメールの例です)
 (SMTPサーバーはメール受送信ソフトまたアプリで確認、ポートは587か25、ユーザー名パスワードはWEBメーラーで見る時入力する物と同じ、送信者はSMTPサーバーのメールアドレスが良い、受信者はスマホのメアドでもPCで使っているメアドでもOK)
 最後に下部左にある メールテストボタン をクリックして上記の設定でメールが送信できるが確認します。

※私が試した範囲では、YahooメールはOK、ただしあまりに送信メールが多いとスパムメール発信元と認定され強制停止させられるそうです、gmail(Google メール) はどうやってもダメ、ネット接続サービスではポート587が利用できればほぼOKですがダメな所があります、ですので面倒ならYahooメールを使用してください、無料ですし。

 テストメールに成功すると「成功を送ったテストメッセージ」と文字が表示されます。

 送信できているかメールソフトで確認します。
 受信できていたら OKボタン をクリックします。
  
設定 ー>システム設定ー>サービス設定 画面下の OKボタン をクリックします。
 保存しましたダイアログが表示されますので OKボタン をクリックします。

設定 ー>アラーム設定ー>動作検知 画面を開きます。

 有効☑
 静止画保存 ボタンをチェック
 EMAIL送信☑ この3つを有効にしてから…
  センサー範囲 設定ボタンをクリック。

始めは全選択されているので真っ青です、青い部分がセンサー検知領域なので、必要ない部分をクリックして選択を解除します。(カメラの種類によりこの青い格子の大きさに差があります。何故かは知らない)

 必要な部分を残しOKボタンをクリックします。
動作検知画面に戻り、またOKボタンをクリックします。保存しましたダイアログが表示されますのでOKボタンをクリックします。
CMSの最上位画面に戻ります。
先ほど設定した動作検知領域に手をかざして CMSの下部にある状態警告欄に動作検知 と表示されたら。
 メールソフトで動作検知メールが送信されているか確認してください。
 メールが受信出来たら成功です。
 JPG形式の画像ファイルが添付されています、サイズはカメラ解像度の半分の20~50KB程度です。

もしメールに画像を添付したくない場合は、
設定 ー>アラーム設定ー>動作検知 画面の 静止画保存ボタンのをOFFにします。

oosaka-bouhan

防犯ツールのインプレと販売をしています。 得意分野はネットワーク防犯カメラなのでカメラ多めです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)